バスケ

【バスケ】ドリブルシュートの練習方法

ドリブルシュートの練習方法

 

こんにちは、三原です。

ドリブルシュートは、バスケットボールを始めた人が最初に行う練習ですよね。

それだけ大事な練習なのですが、どのチームも同じような練習だけしています。

今日はそのバリエーションを紹介します。

具体的には

  • ドリブルチェンジを入れる
  • クロスシュートにする

この2点です。

動画講義はこちらです。

ふつうのドリブルシュート

ドリブルシュートは、試合前のウォームアップで行われることが多いです。

ふつうは直線にドリブルをして、シュート、というものですね。

これを否定するわけではありませんが、

バリエーションを加えるとさらに違った練習ができますよ、というお話です。

ドリブルチェンジを入れる

まず、45度のあたりにコーンやいすを置きます。

コーチがたってもいいでしょう。

ここで内側にドリブルチェンジを入れます。

ドリブルチェンジの方法は4つで

  1. フロントチェンジ
  2. ロールチェンジ
  3. ビハインド
  4. レッグスルー

これだけ使えれば、とりあえずOKでしょう。

クロスシュートにする

右手で直線ドリブルして、ドリブルチェンジします。

左手にチェンジして、リングを通過してシュートします。

このシュートをわたしはクロスシュートと呼んでいます。

コートを横切る(クロス)からです。

クロスシュートは試合中にかなり使える武器です。

ディフェンスが正面にいても、肩幅を使ってシュートするのでブロックされにくい利点があります。

特に背の低い選手はマスターすべき技術です。

ドリブル練習の注意点

ちなみに、ドリブルの練習の時に気をつけることは2つ。

  1. ボールを見ない
  2. 慣れたらスピードを出す

これだけ気をつけておけば、どんなドリブル練習をしてもOKです。

今日紹介したドリブルシュートも、最初はゆっくりでいいですが、

慣れてきたらスピードを出しましょう。

そして、スピードを出しつつ「ボールを見ない」を意識するのです。

これだけでかなり練習の質が上がります。

まとめ:試合で使う技術を練習しましょう。

直線のスピードドリブルでレイアップ、だけじゃなく、

  • ドリブルチェンジを加える
  • クロスシュートにする

というやり方にするだけで、多くの技術が身につきます。

試合ですぐに使える技術です。

このように練習を試合で使う技術にアレンジするのです。

どんな練習メニューについても、この考えは重要になります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!