バスケットボールコーチ・三原学のブログ

ドリブルに対するディフェンス

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ドリブルに対するディフェンス」というお話をさせて頂きます。

今回の記事を読むメリットは、

  1. ドリブルに対するディフェンス方法が具体的にわかる。
  2. わかりやすい合言葉で指導することができるようになる。

です。ぜひ最後までお読みください。

 

さて、ボールマンディフェンスの構えは、前回に解説しました。

→ 本文はこちらをクリックしてください。

 

その構えで、まずはボールマンにつく間合いですが、

ワンアーム」が合言葉です。

つまり、「腕1本分の距離でマッチアップしなさい」という意味になります。

これ以上離れると、ボールマンにプレッシャーがかかりません。

逆にこれ以上くっつくと、簡単に抜かれやすくなります。

腕1本分の距離で「ワンアーム」を合言葉にします。

 

そして、ドリブルが始まったら、「自分の鼻の前にボール」が合言葉です。

自分の鼻の前にボールがある以上は、抜かれることはありません。

遅れたり、先回りしたりすると、正しく守れません。

写真で見るとこのようになります。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

 

ボールマンをディフェンスするときの大原則は、

ボールとゴールの一直線上に入る

ということになります。

それに加えて今回の合言葉、「ワンアーム」と「鼻の前にボール」という2つを付け加えるとさらに具体的に指導・プレイできるはずです。

常にワンアームで、コースに入ることができたら、相手ボールマンにとっては本当に嫌なディフェンスになることでしょう。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.