オフェンス

【バスケ】ダウンスクリーンの使い方

ダウンスクリーンの使い方

 

こんにちは、三原です。

ダウンスクリーンとは、ボールを持たない人同士のスクリーンで、

試合中にとても多く見られるプレイです。

特に、ハイポストとローポストにいるセンター同士のダウンスクリーンは有効です。

ディフェンスの状況に応じて使い方は4つあります。

  1. レギュラー
  2. カール
  3. バックカット
  4. ポップバック

それぞれ解説します。

動画講義はこちらです。

 

まずはボールサイドカット

#4がハイポスト、#5がローポストだとします。

ボールは#3です。

#4は#5にスクリーンに行くのがダウンスクリーンですが、

スクリーンに行く前にまずはボールサイドカットを狙いましょう。

これでパスが入ればレイアップです。

ふつうはこれを守るためにディナイしてきますから、

ディナイされたら走るコースを変えてスクリーンに行きます。

こうすることでスクリーンに行く角度も良くなるのです。

ユーザーは一度ゴール下へ

一方、#5はスクリーンを使うために、一度ゴール下に行きます。

まっすぐ上がっては行けません。簡単にスクリーンをかわされてしまうからです。

ゴール下に行き、パスをもらえればもらいます。

ふつうはこれを守るので、#5の正面にディフェンスが来るはずです。

こうすると、#4のダウンスクリーンがかかりやすくなります。

  • スクリーナーはボールサイドカット
  • ユーザーはゴール下

それぞれディフェンスを押し込んでからダウンスクリーンを使います。

では、以下にダウンスクリーンの使い方です。

レギュラー

ディフェンスが引っかかったら、そのままハイポストに上がります。

パスを受けたらジャンプシュートです。

#5はインサイドターンをして、ローポストにシールします。

スクリーン後、ハイローの位置になっていることも重要です。

カール

ディフェンスがファイトオーバーと言って、スクリーンを使わせないように回り込んだとします。

この時はカールカットです。

回るようにリングに走り込みます。

スクリーナーはハイポストにフラッシュしてスペースを広げます。

バックカット

ディフェンスが先回りしたら、ハイポストに上がると見せかけて、ゴール下にカットです。

ディフェンスの逆をつく動きになります。

スクリーナーはスペーシングのため、ハイポストフラッシュです。

ポップバック

ディフェンスがスライドと言って、間を通った時の対応です。

一瞬、位置関係が

  • ディフェンス
  • ディフェンス
  • オフェンス
  • オフェンス

という順になります。

この時、コーナーに広がればノーマークになります。

このように後方に広がることをポップバックと言います。

スクリーナーはインサイドターンして、ローポストアップです。

パスがもらえるような攻撃的な姿勢を作りましょう。

まとめ:ディフェンスを読むことです

以上がダウンスクリーンの使い方です。

大事なことはディフェンスを読むことです。

形だけになっても使えません。

バスケはどこまで行ってもだまし合いです。

ジャンケンの後出しのような感じで、ディフェンスを読み、逆をつきましょう。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!