オフェンス

【バスケ】ダウンスクリーンの使い方

ダウンスクリーンの使い方

 

こんにちは、三原です。

ダウンスクリーンとは、ボールを持たない人同士のスクリーンで、

試合中にとても多く見られるプレイです。

特に、ハイポストとローポストにいるセンター同士のダウンスクリーンは有効です。

ディフェンスの状況に応じて使い方は4つあります。

  1. レギュラー
  2. カール
  3. バックカット
  4. ポップバック

それぞれ解説します。

動画講義はこちらです。

 

まずはボールサイドカット

#4がハイポスト、#5がローポストだとします。

ボールは#3です。

#4は#5にスクリーンに行くのがダウンスクリーンですが、

スクリーンに行く前にまずはボールサイドカットを狙いましょう。

これでパスが入ればレイアップです。

ふつうはこれを守るためにディナイしてきますから、

ディナイされたら走るコースを変えてスクリーンに行きます。

こうすることでスクリーンに行く角度も良くなるのです。

ユーザーは一度ゴール下へ

一方、#5はスクリーンを使うために、一度ゴール下に行きます。

まっすぐ上がっては行けません。簡単にスクリーンをかわされてしまうからです。

ゴール下に行き、パスをもらえればもらいます。

ふつうはこれを守るので、#5の正面にディフェンスが来るはずです。

こうすると、#4のダウンスクリーンがかかりやすくなります。

  • スクリーナーはボールサイドカット
  • ユーザーはゴール下

それぞれディフェンスを押し込んでからダウンスクリーンを使います。

では、以下にダウンスクリーンの使い方です。

レギュラー

ディフェンスが引っかかったら、そのままハイポストに上がります。

パスを受けたらジャンプシュートです。

#5はインサイドターンをして、ローポストにシールします。

スクリーン後、ハイローの位置になっていることも重要です。

カール

ディフェンスがファイトオーバーと言って、スクリーンを使わせないように回り込んだとします。

この時はカールカットです。

回るようにリングに走り込みます。

スクリーナーはハイポストにフラッシュしてスペースを広げます。

バックカット

ディフェンスが先回りしたら、ハイポストに上がると見せかけて、ゴール下にカットです。

ディフェンスの逆をつく動きになります。

スクリーナーはスペーシングのため、ハイポストフラッシュです。

ポップバック

ディフェンスがスライドと言って、間を通った時の対応です。

一瞬、位置関係が

  • ディフェンス
  • ディフェンス
  • オフェンス
  • オフェンス

という順になります。

この時、コーナーに広がればノーマークになります。

このように後方に広がることをポップバックと言います。

スクリーナーはインサイドターンして、ローポストアップです。

パスがもらえるような攻撃的な姿勢を作りましょう。

まとめ:ディフェンスを読むことです

以上がダウンスクリーンの使い方です。

大事なことはディフェンスを読むことです。

形だけになっても使えません。

バスケはどこまで行ってもだまし合いです。

ジャンケンの後出しのような感じで、ディフェンスを読み、逆をつきましょう。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる