ディフェンス

ディフェンスの方向づけは何が一番良いのか?【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「ディフェンスの方向づけは何が一番良いのか?」というお話です。

ディフェンスで「方向づけ」することは、重要です。

  • ドリブルのコースを限定して
  • そこをカバーする

というチームディフェンスの基本が方向づけですよね。

普通、方向づけというと

  • サイドラインに行かせろ
  • エンドラインに追い込め

という「ラインに追い込む」という方法が一般的です。

でも今回の記事は

  • 方向づけはそれだけじゃないよ!

ということを言いたい。そんなお話です。

みなさんのアイデアを膨らませられたら嬉しいです。

ラインに追い込む「ファンディフェンス」

そもそも、ラインに追い込むディフェンスは何が良いのか

  • コート中央でボールを扱われると360度の選択肢がある
  • ライン際だと180度
  • コーナーだと90度

ということで、オフェンスのプレイを限定させることができるからです。

これはもちろん間違っていませんが、難点が1つあって

  • カバーが難しい
  • ローテーションが必要

ということです。

図のように、ボールをエンドラインにドリブルさせるように誘導します。

そのままではレイアップされてしまいますから

  • カバー
  • カバーダウン

みんなが連動して守る必要があります

理論としては良いのですが、実際にできるかと言えば、難しいのです。

誰か一人でも遅れると穴が開くからです。

 

まん中に行かせる「ファネルディフェンス」

一方で、中央にドリブルさせるという方向づけもあります

  • エンドラインは抜かせない
  • サイドラインは抜かせない
  • ドリブルはまん中に行かせる
  • ということです。

こうすると何が良いかと言えば

  • まん中には味方がたくさんいる
  • 無意識にカバーが行ける

ということなのです。

図のように、ボールとリングを線で結びます。そして

  • 狭い方を「ウィークサイド」と言います
  • 広い方を「ストロングサイド」と言います。
  • ウィーク(弱い)とは「味方がいない」という意味です。
  • ストロング(強い)とは「味方がいる」という意味です。

先に述べた「ラインに追い込め」のディフェンスは

  • あえてウィークサイドに抜かせて
  • 全員でカバー、ローテーション

ですから、そりゃ難しいですよね。

ストロングサイドに行かせれば、全員でローテーションしなくても

隣の人が寄ればカバーおしまいです。

こっちの方が簡単です。

オフェンスを時計回りにさせろ!

もうひとつ、最近知った面白い方向づけは

  • オフェンスを時計回りにさせろ

というもの。

これだけ聞けば意味不明ですが、図で解説します。

時計回りはこのような回りですよね。

つまり「左手でドリブルさせろ」ということです。

たとえば右45度にボールがあれば、時計回りですから、まん中にドリブルさせることになります。

左の45度であれば、時計回りですから、エンドライン側にドリブルさせることになります。

たまに左利きもいると思いますが、だいたいは右利きですから、時計回りの左ドリブルは苦手なはずです。

パスもシュートも、右手が封じられたら、かなり困ります。

だから時計回りなのです。

聞いた話では、秋田県の能代工業高校が全盛期のころ、2-3のゾーンディフェンスで「時計回り」をやっていたようです。

さすが!と思いました。

いろんな考え方がありますが、あなたはどう思いますか?

大事なのはコーチ、選手が考えることなのです。

今回はディフェンスの方向づけは何が一番良いのか?というお話です。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する