オフェンス

【バスケ】NBAでよくあるドリブルハンドオフのエントリー

【バスケ】NBAでよくあるドリブルハンドオフのエントリー

 

こんにちは、三原です。

最近、NBAはドリブルハンドオフのエントリーが多くみられます。

シンプルですが、効果的なプレイなので、あなたに紹介します。

動画講義はこちら!

セットの説明

センター5がトップにいます。そしてボールを持っています。

3、4はフォワードで、シューターです。

1、2はドリブルのうまいガードにします。

このセットから5がドリブルで3(または4)に近づきます。

同時に3は2へダウンスクリーンです。

2はスクリーンを使って上がり、5から手渡しパスでボールをもらいます。

3と5の「2枚のスクリーン」を使うことになるので、とても守りづらいですね。

ボールを持った2はそのままドライブ。逆サイドのスロット(制限区域の横線)目がけてドライブです。レイアップに行けたら、それがベストです。

2のドリブルにディフェンスがスイッチしたら、5がダイブしましょう。ここでパスをもらえば、ドライブしたのと同じ効果になります。

3はコーナーに広がっていますので、ここにスキップパスしてもいいでしょう。3はシューターなので得意の3ポイントが打てますね。

3はシュートを打つのと同時に、5へのパスも狙います。5はダイブした後にローポストアップをするとシールしやすく、けっこうかんたんにパスが入ります。

このような3対3のプレイからオフェンスを始める。これが最近のNBAで多いドリブルハンドオフのエントリーです。

わたしも参考にしたおすすめの動画はこちらです。英語ですが、見るだけでOK。わかりやすい!

このプレイの狙い

このプレイの狙いは、ドライブ&スペースです。

  • ゴール下を攻める
  • 確率の高いシュート
  • またはファウルをもらう

まずこれを狙うのです。しかし、ディフェンスはそうさせたくないので、ゴール下に収縮するはずです。そうなったら、

  • ディフェンスが収縮
  • アウトサイドがノーマーク
  • クローズアウトが発生

こういう流れになり、オフェンスが優位になるのです。

プレイを成立させるために重要なのは、スペーシングです。

2、3、5で3対3をやるわけですが、もっと大事なのは1と4がスペースを取っていることなんです。

具体的にいえば、ヘルプサイドのスロットを空けないと、ドリブルハンドオフは成立しません。

極端ですが、このような図だとダメなの、わかりますよね?

  • コートいっぱいに広がる
  • 3ポイントシュートが打てる

こんな裏づけが必要なのです。

最近のNBAの特徴

ドリブルでのドライブと3ポイントを多用する効率重視のオフェンスが多く、どのチームも似たような戦術をしているのが最近の特徴です。

わたしは、どのチームも似たようなプレイをしているのは、バスケットボールの進化であり、良いことだなと思ってます。

わたしは高校生の男子を指導していますが、進化して本質をとらえたNBAのプレイから、わたしたち現場の指導者は学ぶことがたくさんありますよ。

詳しくはこちらの過去記事をどうぞ。

【バスケ】最近のNBAはなぜ似た戦術が多いのか?

まとめ

  • ハンドオフとダウンスクリーン、2枚のスクリーン
  • 逆サイドのスロットにドライブ
  • またはセンターのダイブでゴール下を攻める
  • ディフェンスが収縮したら、パスアウトでオフェンスが優位に
  • カギは逆サイドのスペーシング

というお話です。ぜひあなたのチームでもやってみてください!

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する