ディフェンス

ボールのとなり「ディナイ」ディフェンス 正しいフォームをわかりやすく

こんにちは、三原です。

この記事ではボールのとなり「ディナイ」の正しいやり方をお伝えします。

ディナイの目的は、パスを通させないことです

やり方のキーワードは3つ。

  • 基本はボールマンと同じフォーム
  • 小指を見る
  • 顔の前に顔

動画講義で見たい方はこちらをどうぞ。

聞き流してもわかるようにつくっています。

基本のフォームはボールマンと同じ

まずはディナイの完ぺきなフォームを見ましょう。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

ボールのとなりだから、パスコースに手を出しています。

足の位置や腰の高さなどは、ボールマンディフェンスと同じです。

  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト

ちなみに、ボールマンディフェンスについては別の記事で詳しく説明しています。

まだお読みでない方は、ぜひこちらをお読みください。

パスコースに手のひらを向けよう

ボールマンディフェンスと最大のちがいは、手の使い方です。

パスコースをつぶすのが目的ですから、ボールに手のひらを向けましょう。

なるべく大きく広げて見せるのがコツです。

ボール持ってる人に「パスできないなー」と思わせるぐらい堂々と広げましょう。

小指を見る

次に視野(ビジョン)の話です。

ディナイをしながら、ボールとマークマンの両方を見る必要があります。

ボールとマークマンの両方を視野に入れるには、自分の小指を見るといいです。

  • ボールだけ見ると、マークマンを見失う
  • マークマンだけ見て、ボールを見失う

こういうことがよくあります。

ビジョンについては、けっこう見落とされがちなんで「小指」を合言葉に指導しましょう。

顔の前に顔

これも大事なキーワードです。

ディナイをするときは、自分の顔の前に、相手の顔をおくという意味です。

「顔の前に顔」ができれば、パスコースはつぶせます。

逆に顔が並んだり、後ろになったら負けです。

バックドアに走られてしまうからですね。

なお、「顔の前に顔」を続けるには、オフェンスに合わせて動く必要があります。

なので、重心を後ろにおきましょう。

ディナイの動きは、後ろに下がる動作が多いからです。

まとめ

ディナイのやり方
  • パスコースをつぶすのが目的
  • 基本はボールマンと同じ姿勢
  • 手のひらは大きくボールに見せる
  • 自分の小指を見る
  • 顔の前に顔
  • 重心は後ろにおく

というお話です。

強いチームは、ディナイがしっかりできます。

パスが通らなければ、相手チームはリズムが狂い、イライラするからです。

ディナイは5秒も10秒も続けるものではありません。

パスが出されそうなほんの1、2秒、がんばるだけのものです。

意識すれば成果は出やすいので、ぜひがんばってください!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる