ディフェンス

ボールの隣のディフェンス『ディナイ』 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ボールの隣のディフェンス『ディナイ』」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むメリットは

  1. ボールの隣の「ディナイ」が重要なことが理解できる
  2. ディナイの具体的な方法、注意点がわかる

 

バスケットボールは、ボールを持っているときよりも、ボールを持っていないとき(オフボール)の方が重要だという話をしました。

→ 詳しくはこちらをクリックしてください。

オフボールの重要性は、オフェンスだけでなくディフェンスも同じです。

今回はそのひとつ「ディナイ」を解説します。

ディナイとは「ボールを持たせないディフェンス」ということです。

写真で見ると次のようになります。

 

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

要点は次のようになります。

  1. 足幅は動ける最大限に広げる。
  2. ヒール=トゥ
  3. ノーズ=チェスト
  4. パスコースの手は、手のひらをボールに向ける(写真では左手)。
  5. 逆の手は自分の体を守るように、体につけておき、ひじを張る(写真では右手)。
  6. 視線は自分の「小指」を見るようにして、ボールとマークマン両方を見る。

まず1~3までは、ボールマンと同じ姿勢になります。

ただし、マークマンに対して横向きになるので「ノーズ=チェスト」は「ノーズ」ではなく「イヤー=チェスト」という感じになります。自分の耳が相手の胸になるように構えます。

→ ボールマンディフェンスはこちらをクリックしてください。

 

大事なことは、ボールとマークマンを見失わないことです。

ボールだけ見ても、マークマンだけ見ても、うまくディナイできません。

両方を見ることが大事です。

そのためには伸ばした自分の手の「小指」を見るようにすると良いでしょう。

小指を目安に視線を置けば、ボールとマークマンの両方が見られます。

さらに言えば、ボールはマークマンよりも早く移動します。

なので、早いボールの方を目の「中心」で見て、

遅いマークマンを目の「端」で見るようにしましょう。

これは視線の話なので感覚的な表現になりますが、他人と目を合わせている時を想像してください。

目を合わせているとき、相手の目が「目の中心」で見ているものです。

このとき同時に、周辺の顔や、どんな色の服を着ているのかくらいは見えるはずです。

これが「目の端」でとらえている状態です。

ボールは目の「中心」、マークマンは目の「端」でとらえるとはそういう意味です。

 

もうひとつボールマンディフェンスと違うのは、重心をやや後ろに置くことです。

なぜならば、前のめりになると、すぐに裏(バックドア)に走られてしまうからです。

ディナイの目的は、ボールを持たせないこと。

持たれるにしても、できるだけリングから遠くで持たせること。

この原則から考えて、バックドアに走られることはできるだけ避けたいからです。

重心を後ろにおいて、いつでもバックドアに対応できるようにしましょう。

 

ディナイの目的は「ボールを持たせないこと」です。

ですが、ディナイというのは、5秒も10秒も行うものではありません。

相手がボールをもらいたい、と思ったほんの1~2秒だけがんばるものです。

その短時間のがんばりを労力だと思って省略すれば、相手は簡単にパスを回し、良いリズムでシュートするでしょう。

逆にほんの1~2秒がんばれば、相手はもらいたい場所やタイミングでボールをもらえずに、イライラを溜めることでしょう。

この精神的なストレスの差は大きく、後半になればなるほど、相手に大きなプレッシャーを与えることができます。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

【参考図書】

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる