バスケットボールコーチ・三原学のブログ

攻撃は最大の防御(ディフェンス論のまとめ)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「攻撃は最大の防御(ディフェンス論のまとめ)」というお話をさせて頂きます。

今まで、バスケットボールのディフェンスについて連載をしてきました。今回を持って、ディフェンスの学びをひとまずまとめたいと思います。

「攻撃は最大の防御」という言葉がありますが、バスケットボールにおいて、最大の攻撃は「ディフェンス」です。

ディフェンスは、

  • 好不調の波がない。
  • 練習すればするほど上達する。
  • 練習したとおりに試合でプレイできる。
  • チーム全員でお互いを高めたり、弱点を補ったりできる。

これらのことから、「ディフェンスは裏切らない」と私は考えています。

 

特に、マンツーマンディフェンスは様々なディフェンス戦術の基礎になります。

試合中にゾーンディフェンスをしたり、プレスディフェンスをしたり、ここ一番の時間帯で特別なディフェンスをすることは、有効なことだと思います。

私もそれを指導したことがありますし、まったくそれを否定しません。

若年層の指導にも戦術や、勝つ喜びは大切です。

しかし、大前提としては「マンツーマンがしっかりできなければ、ゾーンはできない」というのが私の持論です。

マンツーマンが「対人防御」であるのに対して、ゾーンディフェンスとは「地域防御」のことです。

多くのコーチがゾーンを選択する理由は、一言で言えば「マンツーマンよりも相手が攻めにくくなるかもしれないから」ということでしょう。

たしかに、個人技能が未熟な若年層の年代であれば、かりに「立ってるだけ」のゾーンでも試合に勝てるかもしれません。

しかし、それは逆に、自分のチームのディフェンス能力を伸ばすこともできないのです。

このような理由で、中学生以下はゾーンが禁止されているのだと思います。

マンツーマンがしっかりできれば、高校生以上になっても素晴らしいゾーン、プレスなどはできます。

指導者は、まず、マンツーマンを根気強く指導しましょう。

 

多くのチームでは、残念ながら、この逆を行っている場合があるように思います。

つまり、「マンツーマンで守れないから、ゾーンでごまかす」ということです。

しかし、これでは仮に目先の試合に1つだけ勝ったとしても、決して勝ち上がることはできないでしょうし、それ以上の向上もないと思います。

「攻撃は最大の防御」という言葉の意味を、バスケットボール関係者である私たちは「ディフェンスこそ最高の武器」と置き換えて、日々の練習に取り組むべきでしょう。

 

今まで紹介したディフェンスのファンダメンタル(基礎)を積み重ねるように実行していけば、必ず良い成果につながります。

しかし、時間がかかります

ディフェンスの成長は、子供の成長に例えることができます。

まずは寝返りをして、ずりばいをして、ハイハイをして、つかまり立ちをして、ようやく1歩を踏み出すのが赤ちゃんの成長です。

ディフェンスもまずは基本姿勢を反復したり、理論を理解させたりという地道な作業が不可欠です。

まだ歩けない赤ちゃんに走らせようとしたり、ましてや自転車に乗せようとしてはいけません。

それと同じで、ファンダメンタルができないのに、戦術に走って、足元を見失わないようにしましょう。

私の経験上、高校生であれば3週間すると「ディフェンスは大事だ」という雰囲気がチームに根づきます。

そして、「よくできるようになったな」と思えるまでは、最低でも半年かかると思います。

良いことには時間がかかるのです。何事もそうだと思います。

それであれば、

  • なるべく早く、練習を始めましょう。
  • 1年、3年先を見据えて、毎日の練習をしましょう。

ということです。

特に指導者の皆さんは、まずは自分自身がディフェンスに関する理解と信念を持ってください。そしてそれを選手に伝えて、毎日丁寧に練習を指導しましょう。

選手の誰よりも声を出して、がんばるのも1つかも知れません。

最低でも半年かかると思って、逆に言えばそれだけやれば必ず結果が出ると思って、できるだけチーム作りの早い段階からディフェンス練習を始めましょう。

 

攻撃は最大の防御。

ディフェンスは最大の武器。

そしてディフェンスを身につければ、精神的な強さも、体力も身につきます。

オフェンスも自然とうまくなるのです。

 

私も今までのブログ連載を通じて、改めて自分自身のマンツーマンディフェンスを振り返り、学びを深めることができました。

これもお読みくださっているあなたのおかげです。ありがとうございました。

これからも選手たちに上手くなる喜び、勝つ喜びを与えていけるようなコーチになりたいと思っています。

そのために「まずディフェンスから!」今日もがんばりたいと思います。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.