ディフェンス

【バスケ初心者向け】ディフェンスの基本姿勢 わかりやすく

ディフェンスの基本姿勢 わかりやすく

 

こんにちは、三原です。

  • ディフェンスがもっとうまくなりたい
  • チームのディフェンスを強化したい

あなたはきっとこんなことを考えて、この記事にたどり着きましたね。

この記事でそれを解決します。

ディフェンスにもいろいろな戦術がありますが、何事も基本が大事です。

ディフェンスにおける基本、それは「姿勢」ですね。

ディフェンスの基本姿勢をわかりやすくお伝えします。

動画講義はこちら!

結論としては以下の通りです。

  1. 足幅は動ける最大限
  2. ノーズ=チェスト
  3. ヒール=トゥ
  4. 前足の手を出す
  5. 逆の手は耳の横
  6. 視線は相手の胸
  7. 顔の前にボール
  8. 右に行くなら右足から出す

 

足幅は動ける最大限

できるだけ足幅は広げましょう。

足幅が広がれば、オフェンスはドリブルで抜くときに、ふくらむことになります。

ふくらむってことは、スピードが出せないということです。

だからできるだけ足幅を広げるのです。

ただし、自分が動けないほど広げてもダメです。

なので合言葉は「動ける範囲で最大限」です。

ノーズ=チェスト

腰を落とせ、とよく言いますね?

それを具体的にした合言葉です。

自分とマークマンが同じ身長だとして、

自分の鼻(ノーズ)が相手の胸(チェスト)になるように腰を落とすのです。

具体的でわかりやすい合言葉ですね。

ヒール=トゥ

足は前後にします。

その前足のかかと(ヒール)と後ろ足のつま先(トゥ)が一直線になるようにします。

ディフェンスで足を引きすぎると、簡単に抜かれてしまいます。

かといって足がそろうと動けません。

だからヒール=トゥです。

前足の手を出す

右足が前だったとしたら、右手を前に出しましょう。

目的はボールのチェックです。

手のひらを上に上げて、ボールを下からスナップです。

手のひらを下にして、振りかぶるようにスナップすると姿勢が高くなりますし、

ファウルにもなりやすいです。

スナップは下からです。

逆の手は耳の横

もう一方の手は耳の横にします。

これはパスコースを防ぐためです。

ポイントはひじを伸ばし切らないことです。

ひじを伸ばし切ると、とっさのパスに反応できません。

すぐに手を動かせるように、ひじはたたんでおきましょう。

視線は相手の胸

ボールや相手の目を見ると、フェイントにかかりやすいです。

また、足を見ても同じです。

フェイントしても動かないところは、胸です。

体の中心は、フェイントでは動きませんから。

胸を見ておけば、フェイントではない本当の動作が見抜けます。

顔の前にボール

ドリブルについていくときの合言葉です。

自分の顔の前にボールをキープしましょう。

それから外れると、ドリブルコースから外れてしまい、抜かれます。

遅れても、行きすぎてもダメです。

右に行くなら右足から出す

ディフェンスのフットワークは、スライドステップが基本です。

右方向に行く時は、右足から出します。

それが最短距離だからです。

最初のうちは意識してやらないと、悪い癖がつきます。

右に行くのに、一歩左足を動かしてから右に行く人、けっこういます。

ムダな一歩が試合では命取りなので、進行方向の足から出すことを習慣にしましょう。

まとめ:ディフェンスに時間をかけましょう

ディフェンスの成長は、子どもの成長に例えられます。

赤ちゃんはハイハイして、つかまり立ちをして、立って。

そしてようやく歩く、という順番をたどります。

まだ立てない子に走らせようとしてもダメですね。

それとディフェンスは同じです。

  • まずは立ち止まって基本姿勢を作る
  • ゆっくり動く
  • 少しずつスピードを出して

という段階で練習することをすすめます。

時間はかかりますが、基本姿勢を身につけば、

その上に乗せられる戦術は多くなりますから、根気強く基本をやりましょう。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する