ディフェンス

マンツーマンディフェンスの基本の姿勢について わかりやすく

こんにちは、三原です。

この記事では、ディフェンスのフォームについて、わかりやすくお伝えします。

キーワードは3つです。

  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト
  • トレースハンド

フォームが正しくできれば、1対1に強くなるし、チームディフェンスも強くなります。

フォームがすべての基本なので、しっかり身につけましょう!

YouTubeの動画講義はこちらです。

聞き流すだけでも学べるように作ってあります。

まずは完ぺきなフォームを見よう

はい、これが完ぺきなフォームです。

(引用:倉石平のディフェンシブバスケットボール

3つのキーワードをもとに、わかりやすく解説しますね。

ヒール=トゥ

ヒール=トゥとは、足の位置をあらわしています。

  • 前足のかかとが
  • 後ろ足のつま先にくる

そういう位置関係です。

ヒールは「かかと」、トゥは「つま先」という意味ですから、

一直線上で、前後の関係になっているのがわかりますね。

足がそろったら動けない

そもそもなんで足を前後にするの?って思いましたかね。

答えは、足がそろったら動けないからです。

たとえば100m走とかするとき、「位置について、よーい!」のとき、足は前後ですよね?そろってたら走り出せません。

ディフェンスも同じで、とっさの反応をしやすいように前後にします。

引きすぎるとかんたんに抜かれる

では、前後ならなんでもいいかというと、そうじゃないです。

極端に後ろの足を引きすぎたとします。

すると、体の面が薄っぺらくなって、かんたんにドリブルで抜かれます。

前後の位置関係はヒール=トゥがベストです。

足幅は動ける範囲で最大に

ドリブルで抜かれにくくするには、足幅も大事になります。

  • ヒール=トゥにして
  • 動ける範囲で
  • 最大の足幅

というスタンスが理想です。

理由は、足幅が広ければ広いほど、ドリブルは直線で抜けないからです。

抜くためにはドリブルコースがふくらむことになります。

ふくらむってことはスピードが出せませんから、抜かれにくいわけです。

足幅は肩幅くらい、って教える人が多いようですが、それより広い方がいいです。

「足幅はできるだけ広く」を覚えておきましょう。

ノーズ=チェスト

次はノーズ=チェストですね。腰の高さをあらわす言葉です。

  • 腰を落とせ!
  • 姿勢を低くしろ!

って叫ぶ先生がよくいますが、わかりにくいんですよね。漠然としてて。

選手からすると、具体的にどのくらい低くすればいいのか、わかりやすい方がいいです。

なので

  • 同じ身長の2人で
  • 自分の鼻(ノーズ)が
  • 相手の胸(チェスト)になるように

という合言葉で表現します。

合言葉は具体的でわかりやすい

これ、ノーズ=チェストだけのことじゃないんですが、

なんでも合言葉にして、具体化した方が選手には伝わります。

試合中にベンチから「もっと膝を曲げろ!」よりも「ノーズ=チェスト!」と一言だけ言うほうがちゃんと伝わるってことです。

また合言葉にするのは、時間の短縮にもなります。

練習メニューも独特の名前をつけたりすると、すぐに指示が通ります。

こういう理由で、わたしはディフェンスを教えるときには、カタカナの合言葉で教えることがほとんどです。

選手が具体的なプレイをイメージしやすくなるからです。

けっしてカッコつけてるわけではなく、合言葉をつくることは意味があるんです。

なのでここでも

  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト
  • トレースハンド

って合言葉にしてます。

この理由はぜひおさえておきましょう。

トレースハンド

最後は手の位置です。

トレースとは「なぞる」って意味です。

ボールを追いかけて、手をおいておくってことですね。

この写真では右足が前、左足が後ろですね。

手はどうなってるかというと

  • 右手(前)はボールをトレース
  • 左手(後ろ)はパスコースをチェック

という関係になってます。

前の手はボールをトレース

ボールがあるところに手のひらをおきましょう。

ボールが移動したら、トレースハンドも移動です。

ボールとトレースハンドが「鏡」みたいにして、常に追いかけます。

なお、ドリブルをチェックするときは、上の写真のように手のひらを上に向けましょう。

その理由は主に3つです。

  • 姿勢が低く保てるから
  • ボールに触りやすいから
  • ファウルになりにくいから

後ろの手は耳の横におく

後ろの方の手は、パスコースへの準備です。

少しひじを曲げておいて、耳の横におきます。

ひじをピンと伸ばし切ると、腕を動かしづらく、パスに反応できません。

なのでちょっと曲げておいて、すぐに動かせるようにしましょう。

一番パスされたくないのは耳の横

実は耳の横って、ボールを投げられると反応できないところなんです。

パッシングウインドウって言って、オフェンスとしてはここへのパスを狙うべきです。

ここにパスされたくないので、耳の横においておきます。

ムダに手を広げすぎるとパッシングウインドウがガラ空きになるので気をつけましょう。

最後に、先日こんなツイートをしました。

もしよかったら参考にしてください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1285169796951142401?s=20

まとめ

理想のディフェンスフォーム
  • ヒール=トゥ
  • ノーズ=チェスト
  • トレースハンド
  • 足幅は動ける範囲で最大限
  • 合言葉で教えると具体的でよい
  • ドリブルチェックは手のひらを上に向ける
  • パッシングウインドウに注意

というお話です。

強いチームディエンスは、1対1の強化からです。

フォームを正しくして、練習をつみ重ねましょう!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する