『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

ディフェンスを学ぶ理由 (バスケットボール 上達したいあなたへ)

2019/03/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ディフェンスを学ぶ理由」というお話をさせて頂きます。

 

バスケットボールで上達したい、勝ちたいと思った時、すべての選手はディフェンスを学ぶべきです。

ディフェンスはオフェンスに比べて地味ですが、以下のような理由で、必ず取り組むべきなのです。

  1. ディフェンスはオフェンスと違い、好不調の波がない。
  2. ディフェンスはオフェンスより、練習量に比例して上達が早い。
  3. 予定通りにプレイすることができる。
  4. チームワークを高めることができる。

ひとつずつ、見ていきましょう。

(1)ディフェンスはオフェンスと違い、好不調の波がない。

試合の時に「今日は調子が良い、悪い」という言葉を聞くことが良くあります。

この意味はほとんどがオフェンスのことを意味していると思います。

シュートが良く入ったとか、良く入らなかったとか。

たしかに、オフェンスは「調子が良い、悪い」というものが存在するのです。

でも、ディフェンスには「調子が良い、悪い」がありません

努力したものが必ず試合で発揮できます。

なぜならば、ボールを扱うほど細かいタッチが必要でないので、

日頃と同じプレイが再現しやすいからです。

この意味から「2点取るより、2点止める方が簡単」と私は考えています。

多くのコーチが、勝ちを目指すうえで、ディフェンスを重視する理由です。

 

(2)ディフェンスはオフェンスより、練習量に比例して上達が早い。

オフェンスには細かいボールタッチの「センス」がどうしても必要です。

それは練習によって身につくものが多いですが、「先天性」のものも多いです。

つまり、生まれながらにしてオフェンスがうまい、へたというのは決まっています。

そして年齢が上がれば上がるほど、オフェンスの能力は固定されてしまいます。

例えば、高校生の場合、入学当初から3点シュートが得意な選手は、シューターとして育てれば良いと思いますが、

入学したときには3点シュートが全く打てなかった選手を、シューターとして育てるのはやめた方がいいです。

限られた時間の中でオフェンスは上達するのにとても時間がかかるからです。

一方、ディフェンスは違います。

やればやるだけ、上達します

極端に言えば、自分の気持ちひとつで「やろう」と思えば、良いディフェンスができます。

動きそのものは単純だからです。

能力に劣るチームが、試合に勝ちたければ、ディフェンスを鍛えるのが最短です。

能力に劣る選手が、試合で活躍したければ、ディフェンスを鍛えるのが最短です。

 

(3)予定通りにプレイすることができる。

これはオフェンスと比べて考えると、単純にわかります。

あるチームがマンツーマンに対する攻撃法を一生懸命練習したとします。

しかし、試合が始まったら相手がゾーンディフェンスだった。

マンツーマンの攻撃法は試合で使えず、無駄になるわけです。

あるチームがプレスに対するボール運びを一生懸命に練習したとします。

しかし、試合が始まったら相手がプレスしてこなかった。

プレスのボール運びは試合で使えず、無駄になるわけです。

このようなことはオフェンスでよくあります。

しかし、ディフェンスではこれがありません。

「今日はマンツーマンで行くぞ」と思えば、マンツーマンができます。

「練習通り、プレスをしかけるぞ」と思えば、プレスができます。

バスケットボールの試合の流れは、実はディフェンスが主導権を握っているのです。

 

(4)チームワークを高める

「オフェンスは””でやるもの、ディフェンスは”私たち”でやるもの」

伝説のコーチ、ボブ・ナイトの言葉です。

オフェンスは極論、ボールを他の人に渡して、休んでいることもできます。

しかし、ディフェンスは休めません。

休んだらそこから攻められるからです。

このことから、ディフェンスは「常に、全員で」ということが前提になります。

常に、全員でプレイするわけですから、チームとしての協力する心や、

共に頑張ろうとする前向きな雰囲気が、ディフェンスを通じて芽生えます。

洗練されたディフェンスは、オフェンスでは味わえない「チームワーク」を体験できるのです。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.