コーチング

【バスケ】判断力を高める練習法【コーディネーショントレーニング】

こんにちは、三原です。

今回は「判断力を高める練習法【コーディネーショントレーニング】」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • 練習したことが試合でうまく使えない。
  • 選手がなかなかうまくならないで悩んでいる。

こんなことを考えていませんか?

この記事で紹介する練習法を取り入れると、その悩みは解消されるはずです。

動画講義はこちらです!

判断力を高める練習法【コーディネーショントレーニング】

コーディネーショントレーニングとは「神経を鍛えましょう」という練習法です。

  • 力強さ
  • スピード

こういう絶対的な能力があっても、判断力がないと、バスケのプレーに生きません。

逆に神経がつながっていて、判断力がある選手は

  • 上達が早い
  • 怪我が減る

という大きなメリットがあります。

コーディネーショントレーニングについては、さまざまなスポーツ分野で研究が進んでいますが、

わたしはバスケの専門家なので、次の3つの要素を取り入れれば

バスケ練習の「コーディネーション化」になるよ、というお話をします。

3つの要素とは

  1. 鬼ごっこにする
  2. ボールを2つ使う
  3. ダミーディフェンスをつける

です。

鬼ごっこにする

ほとんどのチームは、練習の最初にランニングしますよね?

ランニングの目的は「体温の上昇」と「心拍数の上昇」で、いわゆるウォーミングアップですね。

もちろんこれは間違いではありません。

でも、これを鬼ごっこに変えてみましょう。

  • コートいっぱいに広がって
  • 鬼にタッチされたら交代
  • 3分間

こんな感じにすれば、一生懸命走る上に「判断力」がプラスされます。

いろんな練習に鬼ごっこの要素を加えるのです。

ボールを2つ使う

ドリブルの練習を思い浮かべてください。

  • 1人で1つのボールを使って
  • その場でダムダムとドリブル

こんな感じですよね。

これを「1人で2つのボール」に増やします。

  • 両手で同時につく
  • 強さを左右で変える
  • 高さを左右で変える

こんなふうにすると急に難しくなります。

パス練習も同じことが言えて、

  • 2人で1つのボールより
  • 2人で2つのボールでパス練習

こうすると難しいです。

  • 1人はチェストパス
  • もう1人はバウンズパス
  • 笛がなったらチェンジ

こんな練習は面白いし、判断力が高まります。

ダミーディフェンスをつける

ふつうにシュートを打つより、ダミーでディフェンス役が前に立つだけで、試合に似た状況になります。

さらにそのダミーディフェンスが

  • 両手を下げたら、ジャンプシュート
  • 右手を上げたら、右にドライブ
  • 左手を上げたら、左にドライブ

という判断をさせるようにします。

ジャンケンの後出し、みたいな感じですね。

いきなり本気の1対1をする前に「ダミーディフェンス」をつけて判断の練習をしましょう。

まとめ:「できない」練習を作りましょう

単なる技術の練習に、これらの要素を入れるだけで「判断力」がプラスされます。

難しい状況になるので、頭(神経)を使った練習になるわけです。

でも、注意することが1つあって、それは「できない練習を作るべき」ということです。

例えば「2ボールパス」も、毎日くり返せば、それが簡単にできるようになります。

練習ができるようになると、選手もコーチも「よしよし」と思って安心しがちですが、

神経を鍛えるという点で言うと、良くないわけです。

「簡単にできる=神経を使ってない」と言うことですからね。

だからちょっと設定を変えて、難しくしないと、神経を刺激しないのです。

例えば2ボールパスを「左手だけしか使っちゃいけない」とかにするんです。

コーディネーションは「できない練習=良い練習」というのを忘れないでください。

参考文献

エルトラック・鈴木良和さんの本です。コーディネーションについては、日本でダントツ1位の先生ですね。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、わたしの著書もお読みくださると嬉しいです。

【アマゾンで書籍出版中です】

バスケのオフェンス、悩んでませんか?

  • どう教えたらいいかわからない
  • どうプレイしたらいいかわからない

オフェンスって、難しく感じますよね。

ポジションをはっきり決めてプレイすれば、ワンパターンになっちゃうし

フリーでプレイすれば、味方同士が邪魔しちゃったり

どんなオフェンスが一番いいのか、悩む人が多いんです。

バスケ指導歴16年のわたしも、常に悩んでいました。

でも、やっとひとつの結論を出せました!

それが「5アウトのモーションオフェンス」です。

パターンオフェンスでもなく、フリーオフェンスでもない

6つの「原則」に基づいて、選手が自己判断するオフェンスです。

  1. 5アウトのスペーシング
  2. ポジションを固定しない
  3. パス&カット
  4. ドライブに合わせる
  5. ショートコーナーを使う
  6. 常にバックドアを狙う

この6の原則は、無駄なドリブルが少なく、プレイしやすいので

高校生はもちろん、中学やミニバスでもプレイできる内容です。

やってて、見てて、教えてて楽しい

さらに効果もある、最高のオフェンス方法だと信じてます。

この本ではプレイのやり方を解説するのに加えて、

練習方法も紹介しています。

図がたくさんで読みやすくまとめましたので

スマホで手軽にお読みください

アマゾンの電子書籍です。

noteの方が読みやすい!という方はこちら

→ https://note.com/coach_mm

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる