オフェンス

【バスケ】オフェンスの約束事 5つの「ゾーン」【ドリブルドライブモーション】

【バスケ】オフェンスの約束事 5つの「ゾーン」【ドリブルドライブモーション】

 

こんにちは、三原です。

これをお読みのあなたは、

  • オフェンスをもっとうまく教えたい
  • バスケの戦術を深く理解したい
  • ドリブルドライブモーションについて詳しく知りたい

こんなことをお考えですね。

この記事では「コート上に名前をつける」ことをオススメしています。

チームで名前をつけることで、プレイを教えやすくするのです。

プレイヤーも迷いがなくなり、ミスが減ります。

とても効果的な教え方が「コート上に名前をつける」ことです。

動画講義はこちらです。

5つのゾーン

バスケのコートには、いろいろな名前がつけられてます。

例えば

  • ハイポスト
  • ローポスト
  • コーナー

こういった呼び方しますよね。

近年のバスケットボールで注目されている戦術「ドリブルドライブモーション」では、コート上にいろいろな名前がついています。コートの特定の場所に意味を持たせて、プレイをわかりやすく伝えるためです。

ゾーンは5つあります。それらは以下の通りです。

  1. ブローアウト : 早く運ぶ
  2. ブレイクダウン : ドリブルで抜く
  3. ラック : シュートする
  4. ドラッグ : パスを出す
  5. ドロップ : ドリブルを止める

 

ブローアウトゾーン

バックコートを「ブローアウトゾーン」と呼びます。

日本語では「吹き飛ばす」で、「とにかくボールを早く運べ」という意味になります。

リバウンドを取ったところからオフェンスがスタートします。できるだけ早くセンターラインを越えることを意識しましょう。

ボールを運ぶのに早いのは、ドリブルよりも「パス」です。

  • #4がリバウンドを取った
    #2、#3はコーナーにダッシュ
    #1がボールを受ける

このようにしてパスをつなぎ、オフェンスをスタートです。そしてなるべく早くコーナーにボールが進むようにパスを飛ばしましょう。

ブレイクダウンゾーン

ここは「ディフェンスをドリブルで抜く位置」です。トップの位置をこう呼びます。

#1がボールを持っていて、ディフェンスと1対1になります。

ここでディフェンスをやっつけるわけですが、ドライブの目標は「スロット」です。

スロットとは制限区域の横の線のことです。

「スロットを狙ってドライブ」というのが基本的な考え方です。

ただ漠然とゴールに向かうのではなく、コートに引かれている線を目指すので、わかりやすいですよね。

スロットは左右に2つありますので、どちら側を抜いていくのかは#1の判断になります。

ラック

スロットをドライブして、一番の狙いは「ラック」です。制限区域の下半分、つまりはゴール下をこう呼びます。

ラックとは「たな」という意味で、本棚に本を入れるように、食器棚に食器を入れるように、ここまで来たら「必ずシュート」が約束です。最低でもファウルをもらうようにします。

ドラッグ

ラックまで行けなければ、ディフェンスを収縮させているはずなので、パスをさばくべきです。

フリースローラインを越えてからラックまでの間を「ドラッグ」ゾーンと呼びます。

ドラッグとは「引っ張る」という意味です。文字どおりディフェンスを引っ張り出すわけです。

ドロップ

スロットを狙ってドライブしたけど、抜けない場合は「ドロップ」で止まります。ドロップとは「落とす」という意味で、「抜けなければここで止まりますよ」という約束にします。

場所はフリースローの角あたりです。ドロップで止まった時は、周りの選手が動いてパスをつなぎます。

まとめ:プレイに意味を持たせましょう

  • ブローアウトゾーンはパスで運べ
  • ブレイクダウンゾーンでやっつけろ
  • ドライブはスロットを狙え
  • ラックまで行ったら必ずシュートする
  • ドラッグで引きつけたらパス
  • 抜けなければドロップで止まる

コート上に名前をつけるということは、プレイに意味を持たせるということです。

プレイにはすべて根拠が必要で、「なぜこのプレイをしたんですか?」と聞かれたら、

「〇〇だからです」と言語化できないといけないのです。

根拠あるプレイが続けば、ミスが減ります。

そのようなシステムづくりをしたいですね。

参考文献

ドリブルドライブモーションについて、わたしなりにまとめた本がこちらです。

アマゾンのアンリミテッドの方は無料で読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

 

動画で見たい方は、日高先生のDVDがおすすめですね。

塚本さんの本もいいですよ。訳本です。練習法とかがめちゃ詳しく書いてあります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する