オフェンス

【バスケ】ドリブルドライブモーション 確実に2点とるスペースの作り方

こんにちは、三原です。

今回は「ドリブルドライブモーション 確実に2点とるスペースの作り方」というお話しです。

  • ドリブルドライブモーション
  • DDM

という呼び名のオフェンス、最近とても注目されています。

  • 小さい選手ばかりでも
  • ドライブを中心に攻めて
  • 確率の高いシュートができる

ということが最大のメリットです。

→ (過去記事です)ドリブルドライブモーション 育成年代にぴったり!

わたしは現役の高校生指導者ですが、

実際にドリブルドライブモーションを練習してみて感じたことがあります。

それは「あんまりレイアップに行けない」ということです。

下の図を見てください。

ドリブルドライブの基本形は広い4アウトです。

そしてセンターが「サークル」といって、ボールの反対に動いて合わせるのです。

これはこれで良いのですが、

  • センターのディフェンス
  • コーナーのディフェンス

カバーに行きやすく、あんまりレイアップに行けないんですよね。

こんな感じでパスアウトして3Pって形が多くなります。

NBA選手みたいに3Pがバンバン入ればいいのですが、

ふつうの高校生だと、そこまで入らないですよね。

だからわたしが工夫したのが次のオフェンスです。

  • 5アウト
  • パスをしたら逆サイドがカット
  • パスをした人はアウェイして
  • ポジションチェンジ

こういう動きを入れるのです。

こんなふうに、オフボールが動いてからドライブをすると

ディフェンスは自分のマークマンを離せないので

スペースがポッカリ開くんですね。

  • #3がななめのカットをして
  • 交差する(たすきがけ)ように#2がドライブ

というのがミソです。

ドリブルドライブモーションは、とても面白いオフェンスで、

工夫すれば、ふつうの中学生や高校生でも効果的です。

ぜひ詳しく学んで、あなたのチームに役立ててください。

 

ちなみに、もっと詳しくドリブルドライブモーションを知りたい方はこちらをどうぞ。

わたしの著書です。

アマゾン電子書籍なので、スマホで簡単に読めます。

最後までお読みくださり、感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する