オフェンス

【バスケ】速攻の作り方 走る4つのレーン【ドリブルドライブモーション】

【バスケ】速攻の作り方 走る4つのレーン【ドリブルドライブモーション】

 

こんにちは、三原です。

この記事をお読みのあなたは、

  • 速攻の攻め方を詳しく知りたい
  • ドリブルドライブモーションの始め方を知りたい
  • スピードあるバスケがしたい

こんなことをお考えではありませんか?

この記事では「ドリブルドライブモーション」というオフェンス理論のひとつとして、

速攻の出し方、そして攻め方を解説します。

バスケットボールは切り替えのスポーツであり、速攻が出るチームは、それだけで強いのです。

ではさっそく行きましょう!

動画講義はこちらです。

アウトナンバー

バスケットボールは決してハーフコートのゲームではありません。

3対3と5対5、どちらの方が攻めやすいですか」と質問されたら、どう答えますか?

答えは対3です。コートが広く使えるからです。

つまり、実際の試合では5対5でセットされたディフェンスを攻めるよりも、

速攻の流れの中でドライブをした方が相手は守りにくいからです。

まずはボールを早く運び、ディフェンスが戻るより前にドライブを仕掛けましょう。

 

速攻の場面としては「2対1」と「3対2」が代表的です。

ディフェンスの方が人数が少ない場面をアウトナンバーと言います。

このアウトナンバーをいくつ作れるかが試合の勝敗を大きく分けますので、

まずはこの攻め方を理解しましょう。

 

①2対1

  • ボールとゴールを結んだラインをイメージする
  • ライン上にディフェンスがいなければドライブ
  • 真正面にディフェンスが来たら、パス

2対1の約束はこれだけです。多少強引にドライブに行くことが大事です

ディフェンスが真正面に来ていないのにパスを出そうとすると、パスミスにつながります。

良いパスを出すにしても、ドライブをすることです。

パスかシュートか迷ってしまったら、必ずシュートしましょう。

2対1ならば、絶対にオフェンスリバウンドが取れるからです。

ジャンプシュートで終わってはダメです。

絶対にラック(ゴール下)まで行ってシュートしてください。

②3対2

  • ディフェンスが「ヨコ並び」だったら、トップの#1がドライブ
  • ディフェンスが「タテ並び」になったら、サイドにパス
  • #2はリングにドライブ
  • ディフェンスが2人来たら、トップの#1にパス

カギは#1の動きです。まずはドライブで行けるところまで行きましょう。

そして、ディフェンスがタテに並んだらサイドにパスを出します。

サイドにパスを出したら、#1はエルボー(フリースローラインの角)にポジションを取ります。

そこが必ずノーマークになるスポットだからです。

パスをもらってジャンプシュートするか、スペースがあればランニングシュートに行きましょう。

3対2でもできるだけラックでシュートすることを目指します。

以上がアウトナンバーの攻め方です。

これが「つめ」の部分ですが、速攻の「はじめ方」も知る必要がありますね。

わたしは4つのコースを走る方法が良いと思っていますので、それを紹介します。

③5人の走るコース

  • リバウンドを#4が取ったら、#1がサイドでパスをもらう
  • #2、#3はコーナーに走る
  • #5はボール運びと逆のレーンを走る
  • #4は#1の後ろを走る

まずはこの4つのレーンを埋めるように走りましょう。

そして、ボールをできるだけ早くコーナーに進めます。

  • #2にパスしたら#1がカット(1人目)
  • #1がカットした後ろから、#4がカット(2人目)
  • 逆サイドで#5が#3にスクリーン(3人目)
  • 入るところにパスを入れて、ラックでシュート

ここまで走り込めば、ゴール下でシュートすることができるはずです。

ディフェンスは完全にマッチアップすることができないので、戻ってきてもドライブを止めることはできないでしょう。

バスケットボールは切り替えのスポーツです。

ディフェンスでボールを取った瞬間が、オフェンスの始まりです。

すぐにそれぞれのコースを走り、ボールをコーナーまで進めて、できるだけ早く2対1を作る。これが理想です。

まとめ 速攻はDDMそのもの

ドリブルドライブモーションは、その名の通りドリブルで相手をやっつけるオフェンスです。

特徴のひとつとして「セット(ナンバーコール)しなくていい」ということがあります。

つまり、速攻の形からそのままハーフコートオフェンスがつながっているのがDDMです。

「ディフェンスが戻る前に攻める」選手が意識するのはこれだけです。

速攻はパターン化すればするほど、試合での再現性が低くなるので、

難しいアーリーオフェンスのパターンを捨てて、シンプルな速攻にしたほうがいいです!

これはわたしの経験ですが、アーリーのパターンをいくら練習しても、試合ではあまり使えないのです

それよりも単純な2対1、3対2の練習をたくさんやりましょう。

そしてそのオフェンスがそのままハーフコートでも続けられるのが、DDMの良いところだよ、というお話です。

 

参考文献

ドリブルドライブモーションについて、わたしなりにまとめた本がこちらです。

アマゾンのアンリミテッドの方は無料で読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

 

動画で見たい方は、日高先生のDVDがおすすめですね。

塚本さんの本もいいですよ。訳本です。練習法とかがめちゃ詳しく書いてあります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する