オフェンス

ドリブルドライブモーション わかりやすく解説

こんにちは、三原です。

今回は「ドリブルドライブモーション わかりやすく解説」というお話しです。

これをお読みのあなたは

  • ドリブルドライブモーションを詳しく知りたい
  • 何か新しい戦術を知りたい

そんなふうにお考えではありませんか?

今回は注目の戦術「ドリブルドライブモーション」を3分でわかるように記事を書きました。

これを書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

文章よりもう少し詳しい動画講義はこちらをどうぞ!

ドリブルドライブモーション わかりやすく

ドリブルドライブモーション(以下、DDM)は、その名の通り、ドリブルでゴール下に攻めるオフェンスです。

ゴール下を攻めれば

  • 確率の高いシュートができる
  • ファウルをもらいやすい
  • フリースローも確率の高いシュートになる

ということです。

ふつうは背の高いセンターをポストに置いてゴール下を攻めるのですが、

背の高い選手が必ずチームにいるとは限りませんよね。

  • 背の小さいチームだ
  • センターはいない
  • でもゴール下は攻めたい

という発想で作られたのがDDMです。

ドライブの狙いはスロット

ドライブでゴール下を狙うわけですが、もう少し具体的に言うとDDMでは

スロットを狙ってドライブするのです。

スロットとは「制限区域の縦の線」のことです。

ここを目指してドライブします。

さらに、スロットを3分割して、呼び名を決めます

  • ゴール下の「ラック」→ 絶対シュートする
  • 真ん中の「ドラッグ」→ シューターにパスをさばく
  • 上の「ドロップ」→ ドリブルで抜けないから止まる

スペーシングは2ギャップ

DDMの基本的な立ち位置は、このようになります。

普通の4アウトよりも広いのが特徴です。

と言うのは、普通の4アウトだとパスはしやすいけど、お互いに近いのでドライブはしにくいスペースになります。

これを「1ギャップ」と呼びます。

DDMではドライブを第1優先ですから、倍に広がって「2ギャップ」にします。

こうすれば、ドライブはしやすいですね。

動きの中でいつでも2ギャップを作るようにしましょう。

基本となる3人の動き(ウィーブ)

#1がスロットにドライブをしました。

  • ラック(ゴール下)まで行ったら、シュートです
  • ドラッグ(真ん中)で止まったら、#2にアシストです

この2つのプレイの時は、周りの#2、#3は動きません。

合わせに動く必要があるのは「ドロップ」で止まった時です。

#1がドリブルで抜けないな、と思ってドロップで止まったとします。

まず最初に狙うのは、バックドアです。

#2のディフェンスがボールだけしか見ていなければ、バックドアのチャンスになります。

バックドアできないと判断したら、#2はボールの位置より高いところに上がります。

パスを受けるためです。

これを「キックアップ」と言います。

キックアップしてパスを受けたら、

  • #1は邪魔にならないようにどく
  • #2は反対のスロットにドライブ
  • #3はバックドア or キックアップ

これをくり返すと「8の字」を描くようにドライブを続けられます。

まずはこの3人のウィーブを3対3で練習しましょう。

4人目のユーロカット

では次に#4のポジションの動きを追加です。

ボールサイドのスロットにドライブした時、#4は動く必要はありません。

しかし、自分のサイドのスロットにドライブが来た時は、止まっていると邪魔になります。

この時、#4は#2の背後に入る動きをします。

この動きは「ユーロカット」と呼ばれます。

  • 3人のウィーブ
  • 4人目はユーロカット

この動きを組み合わせれば、4対4の完成です。

センターはサークルムーブに合わせる

最後は#5、センターです。

センターは「ボールの反対サイドのローポスト」が基本ポジションです。

そしてドライブが始まったら「描くように」合わせます。

  • 右にドライブが来たら、右に合わせる
  • 左にドライブが来たら、左に合わせる

こうすれば、ディフェンスはドライブにカバーできません。

もしカバーすれば#5がノーマークになります。

これがサークルモーションです。

まとめ:説明よりも練習させてみましょう

以上がDDMの内容です。

簡単ですよね。そう、簡単なんです。

  • 3対3で基本のウィーブを覚える
  • 4対4でユーロカットを覚える
  • 5対5でサークルルールを覚える

という順に練習をすれば、きっとすぐできます。

先生が動きを説明するのを最小限にして、まずは練習をやらせてみることです。

けっこう、できます。

DDMは元々、アメリカの高校バスケ指導者が考えたものです。

簡単で効果的なのが魅力で、世界中から注目されています。

これを読んで「いいな」と思ったら、練習で取り入れてみましょう。

きっとあなたのチームの役に立つはずです。

 

【あなたへのオススメ】

ドリブルドライブモーションをもっと深く知りたい方はこちら!

わたしの著書です。

アマゾン電子書籍なので、スマホで簡単に読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する