ディフェンス

【バスケ戦術】ゾーンプレスとチェンジングディフェンス

こんにちは、三原です。

今回は「ゾーンプレスとチェンジングディフェンス」というお話です。

この記事をお読みのあなたは

  • ディフェンスをもっと強化したい!
  • ディフェンス戦術を詳しく知りたい!
  • ゾーンプレスのやり方がわからない

こんなことをお考えではないですか?

この記事では、その悩みをわかりやすく解決しますね。

動画講義はこちら!

ゾーンプレスとチェンジングディフェンス

バスケのディフェンスで基本はマンツーマンです。

マンツーマンは1人が1人をマークする方法ですね。

→ マンツーマンを詳しく知りたい方にオススメの本はこちらです

一方でゾーンは「地域防御」で、コート上を分担して守る方法です。

オフェンスからすると攻め方が変わるので、ゾーンとマンツーをコロコロ変えられると困るわけです。

コロコロ変えて相手を迷わせる、そのディフェンス方法を「チェンジング」と言います。

けっこう上級テクニックですが、ハマればとても有効な作戦です。

ゾーンプレスの種類

ゾーンプレスには大きく分けて2種類あります。

  • 1−2−1−1型
  • 2−2−1型

1−2−1−1はボールを取りに行くプレスです。

「動」のプレスであり、激しく仕掛ける感じになります。

試合の残り時間が少なく、負けているときに使うと有効です。

一方、2−2−1プレスは「静」のプレスです。

ボールを取りに行くというより、相手に時間をかけさせることがメインになります。

じわじわと追い込んで、ミスをさせる。そんなイメージです。

すべてのプレスは「2−2−1」になる

すべてのプレスディフェンスに共通することがあります。

それは「ボールを2人で挟んだら、2−2−1の形になる」ということです。

図を見てください。

いずれもボールから数えて「2−2−1」になっていることが分かりますね。

  • ボールの2人は「トラップ」する人
  • まん中の2人は「パスコースをつぶす」人
  • 最後の1人は「ゴールキーパー」の人

という役割になっています。

どんなタイプのディフェンスも、いったんボールを挟んだら、必ずこの形になります。

いや、ならなきゃ守れないのです。

たとえば、まん中の2人が広がってたりすると、パスコースが生まれて、簡単に崩されます。

「ボールから見て2−2−1」は合言葉として徹底させましょう。

チェンジングディフェンスの考え方

チェンジングディフェンスはコートを4分割します。

  • オールコートで当たる → 4
  • コート3/4(3クォーター)から当たる → 3
  • ハーフから当たる → 2
  • シュートエリアだけ守る → 1

という番号にします。

さらに、ディフェンスの種類として

  • マンツーマン → 1
  • ゾーン → 2

として組み合わせます。

コートの区分を「10の位」、ディフェンスの種類を「1の位」にするのです。

たとえば

  • 41 → オールコートのマンツーマン
  • 32 → 3クォーターのゾーンプレス
  • 22 → ハーフのゾーン
  • 11 → 小さいマンツーマン(パックライン)

このようにします。

選手同士がコールしてもいいし、監督がコールしてもいいです。

相手からすると「コロコロ変わる」と思わせるのが大事です。

  • ゾーンを攻略しようとすると、マンツーになってる
  • マンツーを攻めるつもりでプレイしたら、実はゾーンだった
  • 考えてるうちに試合が終わった
  • ぜんぜん力が出せなかった

こんな感じに相手をはめたら、その試合は絶対に勝ちです。

まとめ:自分たちが迷わないことが最重要です

チェンジングディエンスは、精神的な駆け引きで相手をはめる作戦です。

一番大事なのは、自分たち5人が徹底できること。

コロコロ作戦を変えるわけで、それに自分たちが迷ってはいけません。

けっこう練習をつまないと、まず迷うし、間違います。

だからこそ、機能すれば相手がハマるわけです。

長期的な時間、練習をつむつもりで取り組みましょう。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、わたしの著書もお読みくださると嬉しいです。

【アマゾンで書籍出版中です】

バスケのオフェンス、悩んでませんか?

  • どう教えたらいいかわからない
  • どうプレイしたらいいかわからない

オフェンスって、難しく感じますよね。

ポジションをはっきり決めてプレイすれば、ワンパターンになっちゃうし

フリーでプレイすれば、味方同士が邪魔しちゃったり

どんなオフェンスが一番いいのか、悩む人が多いんです。

バスケ指導歴16年のわたしも、常に悩んでいました。

でも、やっとひとつの結論を出せました!

それが「5アウトのモーションオフェンス」です。

パターンオフェンスでもなく、フリーオフェンスでもない

6つの「原則」に基づいて、選手が自己判断するオフェンスです。

  1. 5アウトのスペーシング
  2. ポジションを固定しない
  3. パス&カット
  4. ドライブに合わせる
  5. ショートコーナーを使う
  6. 常にバックドアを狙う

この6の原則は、無駄なドリブルが少なく、プレイしやすいので

高校生はもちろん、中学やミニバスでもプレイできる内容です。

やってて、見てて、教えてて楽しい

さらに効果もある、最高のオフェンス方法だと信じてます。

この本ではプレイのやり方を解説するのに加えて、

練習方法も紹介しています。

図がたくさんで読みやすくまとめましたので

スマホで手軽にお読みください

アマゾンの電子書籍です。

noteの方が読みやすい!という方はこちら

→ https://note.com/coach_mm

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する