オフェンス

【バスケ】センタープレイヤーの役割【ドリブルドライブモーション】

【バスケ】センタープレイヤーの役割【ドリブルドライブモーション】

 

こんにちは、三原です。

バスケットボールではセンターが大切な役割を果たします。

ドリブルドライブモーションでも例外ではありません。

ドリブルドライブモーションのポジションは

  • アウトサイド4人
  • インサイド(センター)1人

と大別できます。

なので動きや役割も特別です。わかりやすく解説しましょう。

動画講義はこちらです。

基本はデッドロー

ドリブルドライブモーションで、センターの基本ポジションはボールと逆サイドです。

そこでゴール下のシュートやリバウンドに備えます。

しかも制限区域の中央よりも下の部分に立ちます。

#4がセンターのポジションです。

ここはリングに対して角度が深すぎるので、1対1をするのに不向きな場所です。

なのでデッドロー(死んじゃったローポスト)と呼びます。

あえてこのデッドローに立つ意味は、スペースを広げるためです。

デッドローにいると、ディフェンスはセンターにマッチアップするか、ドライブのカバーに行くか、迷います。

ふつうのローポストに立つと、このドライブスペースが狭くなります。

なのでデッドローに立つのです。

#1がドライブで割って、自分のディフェンスがカバーに行ったら、パスをもらいます。

#1がシュートに行ったら、リバウンドを取ってタップシュートです。

サークルモーション(Tアップ)

#1のドライブが自分のサイドに来たら、反対サイドに逃げましょう。

丸を描くように合わせるのでサークルモーションと呼びます。

こうすると、

  • ディフェンスがカバーに行けば自分がノーマーク
  • ディフェンスがカバーに行かなければ#1がレイアップ

となりますね。

ベースラインドライブに対しても、基本的には同じです。

リングの正面に上がることをTアップと呼んだりします。

この言葉も覚えておきましょう。

スクリーンをかける

#1がドライブをしました。

#5にパスを返したとします。

そのまま止まっていると邪魔なので、#1は外に出るべきです。

この動きをしたら、#4は#1にスクリーンをかけてあげましょう。

#1にパスが通りやすくなるし、

#1がボールを持った後、ポストアップもしやすくなります。

アウトサイドに出る味方にはスクリーンをかける、ということです。

スキップパス&ピン

#1がドライブしました。

#4には#3のマークマンCがカバーに来ました。

なのでスキップパスを飛ばします。

このとき#3はもちろんシュートを狙いますが、

スキップパスが飛んだ瞬間は#4がポストアップするチャンスです。

ディフェンスEをがびょうで刺すようにして(ピン)、ポジションを取ります。

ゴールに近ければ近いほど簡単に得点できます。

力強くディフェンスを押し込みましょう。

まとめ オフェンスの中心はセンターです

どんなオフェンス戦術も、センターは中心です。

たとえ得点が取れない選手だとしても、センターが役割を果たすことが、周囲を生かすことになります。

献身的なプレイが求められると同時に、インサイドはぶつかり合いが多いので、アウトサイドよりも難しいのです。

なので、まずはセンターの選手を認め、励ましましょう。

自分がチームの中心だという自覚を育てるのです。

特に背の高い子はうまくなるのに時間がかかります。

でも、自分の存在価値を自分で認めることができれば、その子は完全に期待に応えてくれるでしょう。

 

参考文献

ドリブルドライブモーションについて、わたしなりにまとめた本がこちらです。

アマゾンのアンリミテッドの方は無料で読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

 

動画で見たい方は、日高先生のDVDがおすすめですね。

塚本さんの本もいいですよ。訳本です。練習法とかがめちゃ詳しく書いてあります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する