オフェンス

背の低いチームはバウンドパスを使え 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「背の低いチームはバウンドパスを使え」というテーマのお話です。

この記事を読むメリット

  1. 背の低いチームが有利になる方法がわかる
  2. 勢いの強いバウンドパスの投げ方がわかる

タイトルの通り、結論としてバウンドパスは多用すべきすばらしいパスなのです。

背の低いチームと背の高いチーム、バスケではどちらの方が有利かと言えば、それは背の高いチームですよね。

なぜならば「ゴールが高い場所にあるから」です。つまり、

  • ゴール下のシュート
  • リバウンド

このあたりはとにかく背の高い方が有利です。

でも、背の低いチームが有利な部分はないのでしょうか?

もちろん、あります。

  • スピード
  • 器用さ
  • スタミナ

こういうことです。

つまり上の争いは背の高い方が、下の争いは背の低い方が有利なのです。

これが前提として、なぜバウンドパスなのか?

それは「背の高い選手が、届かないパスだから」です。

背の低い選手が頭越しのパスをしたところで、絶対に通りません。背の高い選手の手に引っかかってミスになるだけです。

でも、バウンドパスならばどうか?

足元を通るパスなので、背の高い選手は反応できません

むしろ背が高いことが不利になるのです。

そしてバウンドパスを止めようとすれば、背の高い選手は「姿勢を低く」するしかありません。

しゃがんででも止めようとしたら、もともと背の高い選手は

  • 走るのが遅い
  • 反応が遅い

だから、姿勢を低くして、しゃがませてしまえば、背の低い方が絶対に勝ちます。

背の低いことが「武器」になります

さらにさらに、バウンドパスの良いことは「味方がキャッチしやすい」ということです。

バウンドパスは、一度床にボールが弾んで飛んでいくパスですよね。

この「一度弾む」ということが、キャッチする側としては「パスが来ましたよ」というメッセージのような間になって、キャッチしやすくなります。

直球のパスでは、急にボールが飛んできたような感じがして、キャッチミスをすることがあります。

でもバウンドパスならそれがなくなります。

余談ですが、審判はフリースローのシューターにパスをするとき、必ずバウンドパスを使うことがマニュアルで決められています。

このことからもバウンドパスが取りやすいことがわかりますよね。

 

ここまで聞くと、「バウンドパスは良いけど、ボールにスピードがなくなるパスだから、やっぱり強いディフェンスには通用しないんじゃない?」という反論がよく言われます。

それについて深掘りすると、結論としては

  • ボールの回転を「前回転」にすれば良い

とわたしは思っています。

普通、チェストパスなどの投げ方では、ボールが逆回転(バックスピン)するように投げます。

理由は簡単で、受け手が取りやすいからです。

シュートも同じで、バックスピンを効かせます。

リングに当たってもはじかれないようにバックスピンなのです。

でも、バウンドパスを同じようにバックスピンで投げると、たしかにボールの勢いが殺されて、キャッチしやすくなる半面、ボールのスピードは遅くなります。

それが嫌ならば、ボールを前回転にすればいいのです。

  • 普通のパスは、フォロースルーのとき、親指が床を向くようになります。
  • 前回転にすると、フォロースルーのとき、親指は天井を向くようになります。

練習をすればけっこう簡単にできます。ぜひやってみてください。

キャッチする側も、勢いよくボールが弾んでくるので、むしろキャッチしやすいパスになります。

まとめます。

  • バウンドパスは、ディフェンスにとって取りづらく、味方が取りやすい最高のパス
  • バウンドパスを使えば、背の低いことが武器になる
  • ボールの勢いをつけるには、前回転のバウンドパスを使う

最近はドリブルが好きな選手が多く、その技術も上達していると思いますが、パスについては下手な選手が多い気がします。

とくにバウンドパスは、忘れ去られている技術になってます。

逆に使いこなせば、大きな武器になります。ぜひ取り組んでください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!