オフェンス

【スローイン】フレックスをそのままエンドスローで使う

こんにちは、三原です。

スローイン、どんなのがいいか迷いません?

たくさんあるから、何がいいのか迷っちゃう。

そんなあなたに参考にしてほしくて、この記事を書きました。

YouTubeでも解説していますので、そちらも見てみてください。

音声だけでも学べるので、聞き流してOKです。

ふつうのセットをそのまま使う

フレックスオフェンスはご存知でしょうか?

縦と横のスクリーンで連続させるプレイですね。

フレックスオフェンス バスケでもっとも守りにくいセットプレイこんにちは、三原です。 フレックスって、時代を超えて、すばらしいオフェンスなんですよね。 たぶんこの世で一番守りにくいセット...

フレックス昔からあるプレイですが、とても使えるので、今でもいろんなところで使われていますね。

それで、これをそのままスローインに使うって方法があるんです。

この記事でお伝えしたいのは、フレックスという形そのものだけではありません。

ふつうに使っているセットオフェンスが、スローインでもそのまま使えるというアイデアです。

ぜひそのへんを踏まえて、お読みくださいませ。

1−4フラットに並ぶ

フレックスをエンドスローで使うには、まず1−4フラットに並びます。

わざとエンドライン近くに並ぶことで、トップに広いスペースを確保します。

そこから、2が飛び出します。ディフェンスをかんたんに振り切れるはずです。

2がボールを持ったタイミングに合わせて、1も同じようにハイポストに上がります。そしてパスをつなぎます。

これと同時に、スローインした3はしれっとローポストにポジションを取ります。

ここまで来るとフレックスの形が完成ですね。

5が3のスクリーンを利用してカッティング。いわゆる「フレックスカット」です。ひっかかれば完ぺきなノーマークになります。

5にパスが入らなくても2が3にダウンスクリーンをして、プレイを連続させます。

セットオフェンスをスローインに見立てる

以上がプレイの解説ですが、おもしろいのは「スローインのための特別なプレイではない」ということです。

プレイヤーからすると、スローインのために特別なセットを覚えることは、多かれ少なかれ負担になります。

とっさのときに、忘れたり、間違えたりするんです。

とくに高校生以下のカテゴリーであれば、スローインのセットを間違えてパスミスするなんてことはめずらしくありません。

そうならないために「ふつうのセットをそのまま使う」というのが有効です。

間違いが起きにくくなるし、ぜひあなたのチームでも試してみてください。

勝ちたければ毎日5分練習しなさい

この言葉を、もう20年以上前にお会いしたアメリカのコーチに言われました。

当時わたしは大学生でしたので、この意味がよくわからなかったのですが、指導者になった今ではとてもよくわかります。

接戦になればなるほど、スローインは大事です。

そのスローイン、毎日練習してますか?というと、ほとんどのチームがやってないと思うんですね。

「だから5分でいいから、スローインは確認しておきなさい。接戦で、確実な2点になるから」ということなんですね。

スローインについては、こちらの本でもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

三原学でした。

それでは、また!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する