オフェンス

大きいセンターを活かすフレックスオフェンス

こんにちは、三原です。

今回は「大きいセンターを活かすフレックスオフェンス」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. 大きいセンターをうまく活かすオフェンスが知れる。
  2. スクリーンプレイの効果が理解できる

フレックスオフェンスは、小さい身長のチームでも制限区域内で多くのシュートができるように作られたオフェンスです。

フレックスオフェンスの詳細はここにリンクを貼っておきますね。

フレックスオフェンス もっとも守りにくいセットオフェンスをわかりやすく解説 【バスケ戦術】

このフレックスですが、「小さくてもできる」という以外に、良いことが2つあります。

それは

  • 守りづらいスクリーンが連続されている
  • 時間をかけてノーマークを作ることができる

この2つです。

 

もともとフレックスは小さいチーム用に考えられたものの、

  • うちのチームには大きいセンターがいる
  • そのセンターを活かしたい
  • でも、フレックスのような組織プレーの良さも活かしたい

というぜいたくな悩みを持っている場合は、この記事で紹介しているオフェンスをすれば解決です。

トライアングルに立つ

センター#5と#4がローポストに立ちます。

そしてフォワードの#3がハイポストに立ちます。

制限区域に「トライアングルに」立つ。というセットです。

この3人が「インサイドでの1対1に強い」というのが前提条件です。

一番簡単なのは、

ガードからローポストがボールをもらってシュート

です。

これができれば楽なので、まずはこれを狙います。

ローに入らなければクロススクリーン

#5がローポストにシールした場合、ディフェンスはそれを守るでしょう。

2秒ぐらいシールして「パスがもらえないな」と判断したら、

ボールと反対方向にスクリーンに動きます。

#4にクロススクリーンです。

#4は自分のディフェンスをひっかけて、ノーマークになるように動きます。

パスが通れば、もちろんシュートです。

さらにダウンスクリーンして「フレックス」に

クロススクリーンだけでも正確にやれば、得点が取れます。

でも、これも対応してきたらどうするか?

答えは「#3が#5にダウンスクリーン」です。

このスクリーンは「さっきまで壁だった#5に壁に行く」という「スクリーン・フォ・スクリーナー」のプレイです。

これはフレックスの特徴的な動きですね。

もっとも守りにくいスクリーンプレイがこの動きです。

#5はフリースローラインでノーマークになり、シュートできるでしょう。

ハイローのパスもあり

#5はもちろんシュートして良いのですが、

もしここで#3や#4がシール(ローポストにポジション取り)できたら、そこにパスしても良いでしょう。

ハイロー」と言われる無敵のプレイです。

ディフェンスがあいまいなスイッチをしたときは、このハイローで息の根を止めましょう。

ファウルももらえて、バスケットカウント!となる可能性がとても高いプレイです。

逆に展開してくり返す

ここまでやってシュートに行けなければ?

簡単です。逆サイドのガードにパスを出して、同じ動きをくり返せばいいのです。

  • まず#3がローポストでシール
  • ダメなら#4にクロススクリーン
  • 次に#5がダウンスクリーン
  • シュートやハイロープレイをねらう

という流れです。

さらには、インサイドにディフェンスが収縮したら、ガードの#1や#2が3Pシュートを打ってもいいです。

中、外、中、外、としつこくパスをくり返す

そのうちに誰かがノーマークになります。

これが大きいセンターを活かしたフレックスです。

デメリットは?

前提として、3人がポストでプレイできる、ということになります。

身長はないよりあった方が良いでしょう。

逆に相手の方が圧倒的にでかい、というときは、あまり使えないセットかもしれません。

でもスクリーンが正確ならば、ノーマークは作れます。

あとはガードがドライブするスペースがない、ということです。

ガードは基本、パスとアウトサイドシュートだけしかできません。

「ドリブルでガンガン割ってくのが大好き!」みたいなガードは、我慢できないでしょう。

そういう選手がいるならば、それにあったセットをした方が良いでしょう。

まとめ

大きいセンターを活かす、ということでお話しましたが、

フレックスの基本である

  • 連続のスクリーン
  • 時間を使ったパスワーク

この2つは、守りにくいセットオフェンスの絶対条件です。

どのセットを使うにしても、フレックスから学ぶことは多いです。

ぜひあなたのバスケにお役立てください。

 

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【参考図書】

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する