コーチング

バスケのボールミート もらい足をわかりやすく解説 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「バスケのボールミート もらい足をわかりやすく解説」というお話です。

ボールミートとは「ボールに向かって行ってパスをキャッチする」技術のことです。

立ち止まってパスを受けると、ディフェンスにパスをカットされてしまいます。

そこで「ボールミート」をするのです。

自分からボールに飛びつけば、カットされません

そこで、考えるのは「もらい足」

  • 右・左
  • 左・右
  • 両足同時に着地

いろいろあります。

指導者の方なら、「何を教えるのが一番いいんだろう?」と迷うことありませんか?

わたしはよく迷っていました。

選手の方なら、ワンパターンなもらい足になっていませんか?

たとえば、右利きの人なら「左・右」のもらい足がやりやすいはずです。

でも、それだけだとプレイが限られてしまいます。

わたしが良いと思っているボールミートは

  • ボールが右側から来たら
  • 右足でキャッチ

というものです。

当然、左側からのボールは「左足」ということになります。

図で言えば、#1はパスをもらうのですが、

  • 右からパスが来ているので
  • 右、左のもらい足にする

ということです。

こうすると、何がいいかと言えば

  • 必ずゴールの方に体が向く

ということです。

もうひとつ、例をあげます

  • #1が#2にパス
  • #2はボールが右からきているので
  • 右・左でミート
  • 体が自然とゴールに向く

ということです。

この状況では、意識していないと

右利きだから

  • やりやすい「左・右」でもらう

となりがちです。

すると

  • 軸足(左足)がディフェンスに挟まれて
  • ゴールを向けない

となります。

これではもう1対1ができません。

だから「ボールを持ったらゴールを向け」というのは鉄則であり、

それをするためには「右から来たら、右足でキャッチ」。

これがいちばん簡単だよ、というお話です。

動画だともう少し詳しく解説しています。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する