『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

ボールマンディフェンスの構え(バスケットボール 上達 指導法)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「ボールマンディフェンスの構え」というお話をさせて頂きます。

この記事を読むことによるメリットは、

  1. ボールマンをどのように守るべきかわかる。
  2. プレッシャーをかけるディフェンスが上達する。
  3. ボールマンディフェンスを指導するとき、具体的な言葉で指導できるようになる。

いよいよ、具体的なディフェンスの方法論です。

ボールはたった1つしかなく、ボールのあるところにのみ得点源がありますから、ボールマンのディフェンス方法はとても重要です。

要点は次のように考えています。

  1. 足幅はできるだけ広げる。
  2. 足は前後にする。前足のかかとが後ろ足のつま先になるようにする(ヒール=トゥ)。
  3. 自分の鼻が相手の胸の高さになるように、膝を曲げる(ノーズ=チェスト)。
  4. 上体は起こして、顔を上げる。
  5. 視線は相手の胸をにらみつける。
  6. 前足の方の手は、ボールに伸ばす(トレースハンド)。
  7. 後ろ足の方の手は、耳の横に構えておく(パスコースハンド)。

(写真:倉石平のディフェンシブバスケットボールより引用)

 

ひとつずつ、なぜそうするのか、解説します。

1.足幅はできるだけ広げる

足幅がせまければ、相手のオフェンスは直線に近いコースで、あなたをドリブル突破することができます。

しかし広ければ広いほど、ドリブルコースは膨らまざるをえません。つまりスピードが出なくなります。

ただし、やたらと広げれば良いわけではありません。

なぜならば、ディフェンスであるあなたが動けなくなってしまうからです。

動ける範囲で最大限の足幅」を合言葉に、自分のスタンスを見つけてください。

 

2.足は前後にする。前足のかかとが後ろ足のつま先になるようにする(ヒール=トゥ)。

私はこの足の前後を「ヒール=トゥ」と呼んでいます。両足がそろってしまうと動きにくいですし、後ろ足を引きすぎると、相手にまっすぐ抜かれます。ヒール=トゥが最良です。

高校生でディフェンスフットワークを毎日行う学校は多いと思いますが、足をどれくらい前後させるかは意外と見落とされがちです。引きすぎる癖がついて、簡単に抜かれる原因を身につけることのないように注意しましょう。

 

3.自分の鼻が相手の胸の高さになるように、膝を曲げる(ノーズ=チェスト)。

「膝を曲げろ!」「腰を落とせ!」とよく言われますが、具体的にどのくらいの姿勢を作るのか、明確にしておいた方が選手はやりやすいはずです。

そこで私は「ノーズ=チェスト」としています。

これ以上に伸び上がっても、しゃがんでも、動きにくいです。

相手の胸の高さに自分の鼻を持っていきましょう。

 

4.上体は起こして、顔を上げる。

膝を曲げるので、多少は体全体が前傾しがちですが、前傾すると動きにくくなります。

というのは、ディフェンスは基本的に「横や後ろ」に動くことが多いので、前のめりだと簡単に抜かれるからです。

顔を上げるようにすれば、自然と重心が安定するでしょう。

 

5.視線は相手の胸をにらみつける。

視線は相手の「」です。

なぜならば、ボールや目、足はフェイクで動かせても、胸だけは動かせないからです。

ようするに胸が動く時だけが、オフェンスが本当に動いたとき、ということになります。

ボールや目、足を見ていると、フェイクにかかりやすくなります。

にらみつけるような視線も大切です。

「常に攻撃的な」態度を顔に表すことも、相手にプレッシャーをかける大切な部分です。

この視線については、あまり指導する先生が少ないように思えます。

 

6.前足の方の手は、ボールに伸ばす(トレースハンド)。

トレースハンドと呼んでいますが、前方の手は相手に向かって伸ばしましょう。

ちょうど相手の「膝に触る」つもりで伸ばしておくと、イメージがつかみやすいと思います。

ここに手が常にあれば、相手はドリブルチェンジをすることができないはずです。

このときの注意点は、手のひらを天井に向けておくこと。

無意識だと手のひらは床を向くようにすると思いますが、これだと「空振り」が多いためです。

また、ボールをスナップするときも、手のひらが上に向いていれば、下からスナップすることになります。

この方がボールも取りやすいですし、ファウルにもなりにくいです。

 

7.後ろ足の方の手は、耳の横に構えておく(パスコースハンド)。

パスコースに備える手は、耳の横に広げておきましょう。

ポイントは「肘を曲げておくこと」です。

腕を伸ばしたくなりますが、伸ばしたままだとパスに対する反応が鈍くなります。

パスが出された瞬間に「パッ!!」と手を出せるように、最初は肘をたたんでおきましょう。

 

以上がボールマンディフェンスの構えになります。

もちろんくり返しの練習が必要ですが、まずは正しいフォームを理解してから練習に取り組みましょう。

それが良い習慣を身につける最良の方法です。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.