オフェンス

バックドアオフェンスは楽しい!

こんにちは、三原です。

ウインターカップやインカレなどの全国大会が、ネットで見られるいい時代ですね。

たくさんの試合を見て感じるのは、バックドアを使うチームが増えているということです。

バックドアっておもしろいんですよ。

そんな魅力をお話ししてみました。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるので、もしよかったら聞き流してください。

プリンストンオフェンス

バックドアのオフェンスって、要は「プリンストンオフェンス」なんですよ。

プリンストンオフェンスというのは、その名の通り、プリンストン大学が行ったことで有名なオフェンスシステムです。

バックドアカットを武器にしたオフェンスですが

  1. パス回しに時間がかかる
  2. 動きが複雑で難解
  3. ディフェンスが進化した現代では意味がない

などと言われて、「昔は使えたけど、今はもう古い」という人が多いオフェンスでもあります。

でも、最近またバックドアは増えてきている。そう感じます。

バックドアは1対2を作る

さて、バックドアですね。

ちょっと深掘りしましょう。

裏へのパスでかんたんな2点が取れるプレイです。

そしてバックカットは、もしパスが通らなくても、とても意味があるんです。

フロントカットは1対1

パスをしてカットするとき、ふつうはディフェンスの前を通りますね。

2から1にパスが入れば、これは完全に1対1になります。

X3はまったく動きません。

それに対して、バックカットに動くとどうか。

これはパスが入らなくてもX3を引きつけられます。

つまり1対2を作れますね。

1対2が作れれば、バックカットにパスが入らなくても、3がノーマークになります。

バックカットは1つの動きで

  1. レイアップ
  2. 3ポイント

どちらかが必ずノーマークになるという効果があるんです。

具体的なプレイを解説します

うまいなーと思ったプレイはいくつもありますが、2つほど紹介します。

  1. ハイポストフラッシュ
  2. スタック

この2つです。

ハイポストフラッシュ

 

3アウト2インに立ちます。

4はハイピックにいきます。1はそれをドリブルで使おうとしますが、実はこの動きはダミーです。

逆にドリブルチェンジをしたタイミングに合わせて5がハイポストにフラッシュ。

2のバックドアが決まります。

このプレイのポイントは「ドリブルチェンジをしたらフラッシュ」というタイミングを合わせる合図が決まっていることです。

スタック

両サイドにスタックして、1がボールをキープします。

ショットクロックが10秒を切ったら、突然5がカットします。

1は5が動いた方の逆にドリブルをします。

そして、2はウイングに出てパスを受ける、と見せかけてバックドアです。

ディフェンスが自分のマークマンにくっついているので、このバックドアも決まりやすいですね。

バックドアは楽しい

バックドアはタイミングが命です。相当な練習が必要です。

だからこそ、バックドアは決まると試合で盛り上がります。

チーム全員が連動しないと決まらないので、一体感がありますね。

もし、あなたのチームに「バックドア」という選択肢が今までなかったら、ぜひやってみたらいかがでしょうか?

何らかあなたのお役に立てるとうれしいです。ありがとうございました!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!