ディフェンス

【最強】相手を迷わせるディフェンス戦術 マッチアップゾーン

こんにちは、三原です。

今回は「相手を迷わせるディフェンス戦術 マッチアップゾーン」というお話です。

この記事を読んでいるあなたは

  • 何か効果的なディフェンスはないかな?
  • 相手にミスをさせるような特別なディフェンスはないかな?

そんなふうに考えてこのページにたどり着いたことでしょう。

結論からは「マンツーから途中でゾーンに変えると、相手は混乱します」ということです。

この記事を読めば、そのやり方をマスターできます。

この記事を書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で、この「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日お届けしています。

動画講義はこちらをどうぞ!

このディフェンスのやり方

まず、マンツーマンでディフェンスを始めます。

相手に「マンツーだ」と思わせることが重要です。

  • ボールにはワンアーム
  • パスコースにはディナイ

こういうディフェンスをすれば、相手は「マンツーだな」と感じるはずです。

当然、相手はマンツーマン用の攻め方をしてきます。

多くの場合、オフェンスは45度にボールを落としたところからスタートします。

45度にボールが落ちたらゴール下にいるディフェンスが「ゾーンするぞ!」とコールします。

なぜゴール下にいるディフェンスかというと、

コートの状況が一番見やすいからです。

多くの場合はセンターの選手になると思います。

なお、コールは「ゾーンするぞ」という言葉じゃない方がいいです。バレるので(笑)

  • ゾーンぽいから「ゾー」でも
  • 言いやすいから「ジェー」でも

何でもいいです。チームで決めてください。

これを聞いたら、みんながそのコールを復唱して、そこからゾーンに変えます。

相手は途中からゾーンに変わったことに気づかず、ミスを連発するはずです。

なお、ゾーンディフェンスのやり方はこちらの記事を見てください。

→ マッチアップゾーンの動き方(1-1-3ゾーン)【バスケのディフェンス】

いつ使えばいいのか?

オススメの時間帯は「負けている時」です。

  • このままじゃ絶対負ける
  • どうせ負けるなら、チャレンジしたい

というときの武器としてやると良いでしょう。

あんまり長い時間使うと、相手が慣れちゃいます。

「伝家の宝刀」みたいなイメージで使う作戦です。

また、相手チームがタイムアウトを取った後、というのもオススメです。

精神的な駆け引きで優位に立つ。そのために使ってください。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もしこの記事に共感してもらえたら、次のページもお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる