その他

「嫌われる勇気」はオーディブルで聴く方がいい3つの理由

「嫌われる勇気」はオーディブルで聴く方がいい3つの理由

 

こんにちは、三原です。

今日は読書の話をします。

「嫌われる勇気」、読みましたか?

アドラー心理学の、超名著ですね。

アマゾンのレビューは、3056件!

日本人にいちばん読まれてる本じゃないかな。

この本は何がいいかというと

  • 自分を変えたい
  • 人間関係をうまくしたい
  • 悩みを解決したい

こういった人間が必ずもつ悩みを、ずばずば解決してくれます。

ただし、次のようなデメリットも。

  • 話がむずかしい
  • 読む量が多い
  • 何度も読まないと理解できない

やっぱり、少し難解なんです。

1回読むのも大変なのに、この本は何度も読まないと意味がありません。

なぜなら、読んで「ふーん」と思うだけではダメで、

自分の行動を変えてはじめて意味がある自己啓発の本だからです。

でも、わたしはこの本をオーディブルで読みました。

っていうか、聴きました。

オーディブルは、Amazonの「耳で聴く本」です。

名著・嫌われる勇気は、オーディブルで聴いた方がいい。

実際にそうやって読んだわたしが、3つのメリットをあなたにお伝えします。

  1. 対話が聞きやすい
  2. スキマ時間に聴ける
  3. 倍速にできる

この3つです。

① 対話で聞きやすい

この本はアルフレッド・アドラーという心理学者の教えを説明する本です。

内容は「哲人」と「青年」の対話で進められます。

自分が嫌いな青年が悩みを打ち明け、

それを哲人が心理面にズバズバ切り込んでいく、

「バトルトーク」みたいな感じです。

ずーっと会話文なので、読んでるうちにどっちが何を言ってるか、

わからなくなってくることがあります。長文なんで。

でもこれがオーディブルだと、声優さんが2人で読んでくれます。

プロの声は、まあ聴きやすい。

まさに対話を聴けるので、頭にスーッと入ってきます。

②長い本なのでスキマ時間で読める

くり返しになりますが、かなり長い本です。

分厚い本を持ち歩くのも大変。

キンドルで電子書籍もいいですが、目が疲れますね。

ちょっとしたときに読み進めるには、オーディブルが最適です。

  • 家事をしながら
  • 移動をしながら
  • 筋トレをしながら

わたしは聞きました。

止めた時にそこが記録されるので、再開もスムーズです。

③倍速で聴ける

この本は1度読んだだけじゃ意味がなくて、

何回も読んで腑に落とし、

自分の行動が変わらないと意味がないんです。

でも、ただでさえ読むのが大変な長文をくり返すなんて。

そこでオーディブルですね。

オーディブルは倍速で読めます。

なんなら最初の1回目から倍速でいけます。

嫌われる勇気は、ふつうに聴くと6時間ちょっとの本です。

わたしは1回目を1.5倍速で聴きました。

そして2回目は2.5倍速です。

これを書いている今は3回目を2.5倍速で聴いてます。

わたしは経験上、難しい話でも6回聴けば腑に落ちるので、

6周はしようと思ってます。

嫌われる勇気の内容、わかりやすく

3つのメリットを述べた上で、かんたんに本の内容、ふれますね。

わたしなりにわかりやすくお伝えすると

  • 自分の行動を決めてるのは、自分自身
  • 周りのせい、過去のせいにはするな
  • すべての悩みは人間関係
  • 他人を変えることはできない
  • あなたは、あなたにできることだけやれ

こんな内容です。

これを読んだあなたはこう感じるでしょう。

  • たしかに理屈ではわかる
  • でも、自分のやるべきことに集中すると
  • 他人から嫌われてしまうのでは?

それにこう答えます。

  • そのとおり
  • 嫌われてもいいんです
  • あなたに必要なのは、自分の行動を変えようとする勇気だけ

という衝撃的な内容です。

さらに、他人とは距離をおいてこそ、はじめて適切な関係が生まれるといいます。

つまり「あなたはわたしに関係ない」って思えることが人間関係のスタートだと。

けっこう難しいですよね。

でも理屈ではわかりません?

だから腑に落ちるまで、くり返し読むべきなんです。

そして行動にうつせて、はじめて意味がある本。

これは読むだけじゃ意味がない本。

わたしはそう思います。

オーディブルなら無料でもらえる

さて、このオーディブル、今は無料なんです。

アプリのダウンロードをして、1冊プレゼントされます。

つまり嫌われる勇気、無料でもらえるんです。

紙の本だと1,620円。キンドルだと1,320円ですが、

オーディブルだと0円です。

これ、すごくないすか?

 

無料のプレゼントを受け取った後は月額のサブスクになりますが、

30日以内に解約すれば完全に無料です。

ダウンロードした書籍はアカウントに残るので、急いで読む必要もありません。

名著・嫌われる勇気とオーディブル。

この黄金タッグを体験して、本当にいいと思ったので、みなさんにおすすめします。

Audibleを無料体験する

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する