オフェンス

【バスケ】パスした後の動き 7種類【モーションオフェンス】

【バスケ】パスした後の動き 7種類【モーションオフェンス】

 

こんにちは、三原です。

バスケをプレイしていて、または指導していて

  • パスをした後、どう動いていいかわからない。
  • 動き方をどう教えたらいいか、よくわからない。

そんなことをお考えではありませんか?

この記事では、わかりやすくまとめています。

動画講義はこちらです。

動きは7つある

パスした後の動きは7つあります。

  1. アウェイ
  2. バスケットカット
  3. ベースラインカット
  4. スクリーン
  5. トレール
  6. ピック
  7. ステイ

ひとつずつ見ていきましょう。

説明はすべて3対3の形で、

トップからウイングにパスをした後、ということでいきます。

アウェイ

パスをしたら、ボールから遠ざかる動きです。

目的はスペーシングを広げるためです。

アウェイするときのポイントは、

  • ボール
  • ディフェンス
  • 自分

この3つが1直線になるようにすることです。

こうなるとディフェンスはボールにカバーいけません。

カバーにいけば、マークマンを守れなくなります。

ディフェンスは1人で2人は守れない、という基本的なプレイです。

バスケットカット

リングに向かって走りこむプレイです。

パスをもらえればレイアップになります。

  • ディフェンスの前を通るボールサイドカット
  • ディフェンスの裏を通るバックカット

この2つのコースがあります。

ベースラインカット

ボールをもらうためでなく、次に続くプレイのために動くプレイです。

ベースラインに向かって走ります。

  • ボールサイドのコーナー
  • ヘルプサイドのコーナー

この2つがあります。

スクリーン

逆サイドにスクリーンをするプレイです。

スペースを作ると同時に、#3にシュートチャンスを作ります。

トレール

ボールをパスしたら、それをもらいに近づくことです。

手渡しパスをもらいます。

ピック

パスした人に向かってスクリーンをかけます。

ボールマンにスクリーンすることを「ピック」といいます。

ピックは#2がドリブルをして使います。

ステイ

パスをして、そのまま止まっておくプレイです。

ボールから離れる or 近づく

以上の7つです。

実はこれ、紹介した順番には意味があります。

ざっくり2つにわかれてるんです。気づきました?

  • ボールから離れる
  • ボールから近づく

この2パターンにわかれてます。

上から順に

  • アウェイ
  • バスケットカット
  • ベースラインカット
  • スクリーン

この4つはボールから離れてスペーシングを広げるプレイです。

逆に

  • トレール
  • ピック

この2つはボールに近づいて直接攻めるプレイです。

なお最後のステイは、どちらにも属さない一匹オオカミです。

まとめ:何をやらないかを決めよう

7つの動き方を知ったわけですが、

「チームで何をやらないかを決める」

これがめちゃめちゃ大事です。

何をやるか、じゃなくて「やらないか」です。

禁止するものを決めるわけです。

そうすることで、選手は選択肢が少なくなり、迷いがなくなります。

7つどれやってもいいよ、はプレイの選択肢が多すぎて迷っちゃうんです。

必ず何をやらないかを決めましょう。

ちなみにわたし自身は「ボールによる2つ」と「ステイ」は禁止にしてます。

ボールまわりのスペースを広げることを優先に考えて、

ボールが1対1をしやすくするために周りが動く、ってことにしてます。

もっと極端な例としては、「バスケットカット以外やらない」でもいいです。

  • パスしたら必ずバスケットカット
  • パスを回すうちにディフェンスが遅れる
  • そこで1対1をする

これだけでも立派なモーションオフェンスになります。

チームの適材適所が生きるように、何をやらないかを決めましょう。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する