オフェンス

バスケのセットオフェンスの型 7選 わかりやすく解説します 

こんにちは、三原です。

オフェンスの指導がうまくいかない

もっと得点力をアップさせたい

そんなあなたに向けて、この記事を書いています。

YouTubeで動画講義もありますので、そちらがよい人はどうぞ!

音声だけ聞き流しても学べるように作ってあります。

セットオフェンスの形は7種類

基本的に、インサイドに何人置くかでセットオフェンスの形が決まります。

なので、あなたのチームにインサイドで活躍できる人が多ければ、多くの人数をインサイドに置く形を選択するといいでしょう。

また、変形のセットがいくつかあります。センターをわざと高い位置に置いたりすることで、スペースをつくることが目的です。

ということで、結論としてはセットの種類は7つです。

  1. 3アウト2イン
  2. 4アウト1イン
  3. 5アウト
  4. 2アウト3イン(トライアングル)
  5. 1アウト4イン(ボックス)
  6. 1-4ハイ
  7. 2-3ハイ

1つずつ、ポイントを解説します。

3アウト2イン

インサイドに2人の、ノーマルなセットです。最も一般的なオフェンスになります。

ハイポスト、ローポストに置いたりすることで、常に確率の高いシュートが期待できます。

インサイドとアウトサイドのバランスもよく、5人が均等にチャンスができます。

リバウンドも入りやすいし、デメリットはこれといってないですね。

コーチであるあなたが迷ったり、特にこだわりがないのであれば、3アウト2インを選択することをオススメします

4アウト1イン

インサイドに1人だけを置くセットです。

インサイドのプレイヤーがカギです。

とくにパスがうまい選手だとマッチします。

少しリバウンドに行きにくいところがデメリットですね。

5アウト

インサイドに誰も置かないセットです。

スペースを広く取れるので、1対1がしやすいのが魅力です。

また、パス回しもしやすく、動きのあるオフェンスが作りやすいです。

リングを背にしたプレイがしにくいことと、リバウンドに行きにくいところがデメリットです。

でも、基本的な1対1やパス&ランがしやすいので、とくにユース年代ではオススメのセットです。

2アウト3イン(トライアングル)

インサイドに3人立てるセットです。

インサイドに強烈な選手がいる場合は、オススメです。

とにかく中で勝負!って感じになります。

リバウンドにも強力です。

アウトサイドのプレイヤーは、1対1をするチャンスはほとんどないです。

1アウト4イン(ボックス)

インサイドの4人、あえてせまくするセットです。

狙いは、スクリーンをかけやすくすることですね。

自分たちがせまくなる代わりに、ディフェンスを「閉じ込める」感じです。

1対1のドライブはまずなくなります。

1-4ハイ

フリースローラインよりも上に全員並ぶセットです。

ゴール下に広いスペースができることが特徴です。

比較的小さいチームでも、有効に使えます。

ディフェンスががんばればがんばるほど、ウラをつくことができます。

そういう意味では、一番守りづらいセットかもしれません。

2-3ハイ

1-4と同じ狙いのハイセットです。

1-4との違いは、ハイポストが1人だけなので、このプレイヤーの重要性が高いです。

パスがうまかったり、スクリーンをかけることができたりする、献身的なセンターがいると、とても有効です。

 

まとめ

今日のまとめ
  • セットの種類は7つ
  • インサイドの人数で形が決まる
  • チームの特徴に合わせて選ぶ
  1. 3アウト2イン
  2. 4アウト1イン
  3. 5アウト
  4. 2アウト3イン(トライアングル)
  5. 1アウト4イン(ボックス)
  6. 1-4ハイ
  7. 2-3ハイ

というお話です。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する