オフェンス

【バスケ】7種類のセットオフェンス【モーションオフェンス】

こんにちは、三原です。

モーションオフェンスとは、

  • まったくのフリーオフェンス
  • がちがちのセットオフェンス
  • その中間の良いとこ取り

そんなすばらしいオフェンスだという話を前回しました。

まだお読みでない方はこちらをどうぞ

今日は具体的にセットの形を紹介します。

動画講義はこちらです。

オフェンスは7つある

オフェンスを分けると、7つあります。

どうやって分けるのかというと「インサイドに何人おくか」で決めます。

チームにどんな選手がいて、何が得意なのかによって、どのセットにするか決めましょう。

7つのセットはこちら。

  1. 5アウト
  2. 4アウト
  3. 3アウト
  4. 2アウト(トライアングル)
  5. 1アウト(ボックス)
  6. 2−3ハイセット
  7. 1−4ハイセット

5アウト

誰もインサイドにおかない5アウトです。

ドライブや、オフボールのカットでリングを攻めます。

全員がアウトサイドもインサイドもプレイするので、

ファンダメンタルを身につけるのに最適です。

ミニバスや中学生など、バスケを始めてすぐの子たちには、

5アウトでプレイさせるとよいでしょう。

アメリカやヨーロッパではまず5アウトとドライブから教えるそうです。

わたしは高校生の指導者ですが、5アウトは教えています。

4アウト

センターに誰をおくかがカギです。

1対1のシュート力はもちろんですが、

パスをさばくことも得意なセンターがいいです。

外回りのプレイヤーにチャンスが増えることが多いセットですが、

リバウンドに行きにくいというデメリットがあります。

3アウト

もし迷っているなら、3アウト2インがオススメです。

これというデメリットが見当たりません。

  • フロアバランスがよい
  • 役割がはっきりしている
  • リバウンドに入りやすい

このあたりがメリットになります。

センターを2人おくわけですが、その2人がたとえ小さくても

スクリーンをしたり、ドリブルで抜いたりすれば、じゅうぶん機能します。

また、アウトサイド主体のオフェンスにアレンジすることもできます。

シャッフルオフェンスはその一例ですね(過去記事、貼っときます)。

【バスケ】シャッフルオフェンスのシンプル化

わたしは今までの指導歴では、この3アウト2インを作ることが多いです。

ただし、少しスペースが広めで、5アウト気味の形にしてプレイさせてます。

その理由は、やっぱり背が低いからです。

でも逆にいえば、工夫しても3アウト2インはできるってことです。

2アウト(トライアングル)

協力なセンターが3人いるチームが使うセットです。

常にハイポスト、ローポストにポジション取りをします。

スクリーンをかけ合ってノーマークを作ります。

アウトサイドからのドライブはほとんどありません。

1アウト(ボックス)

インサイドに4人、あえてせまくするセットです。

四角なのでボックスと呼ばれます。

常にこれを使うってチームは少ないですが、

サインプレイとしてはいろいろな形が考えられますね。

フレックスオフェンスは、もともとはこのボックスセットです。

フレックスオフェンス もっとも守りにくいセットオフェンスをわかりやすく解説 【バスケ戦術】

2−3ハイセット

4アウト1インを、全員がフリースローラインより上でプレイするセットです。

メリットはゴール下に大きなスペースを取ることです。

ハイポストのプレイヤーをスクリーナーにして、カットするプレイが多いです。

プリンストンオフェンスの「チン」という有名なセットは、これですね。

プリンストンオフェンス 「チン・シリーズ」 バスケのセットオフェンス解説

1−4ハイセット

最後は1−4です。

これは2−3ハイセットと同じですね。

全員がフリースローラインより上に上がって、スペースを広げます。

3アウト2インの変形ですね。

わたしの恩師、倉石平さんは「けっきょく1−4が一番守りづらいかな」と言ってましたね。

最近流行りのホーンセットも、1−4の仲間だと考えてください。

ホーンセット わかりやすく解説 【バスケのセットオフェンス】

まとめ:迷ったら3アウト2イン

さっきも言いましたが、ベストは3アウト2インです。

迷ったら3アウト2インをやりましょう。

そこからチームの適材適所に応じて、アレンジしましょう。

そのアレンジこそがモーションオフェンスの魅力です。

100人コーチがいたら、100通りのオフェンスがあるべきです。

その叩き台としては3アウト2インがいい。というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!