教科書

【オフェンスの教科書】5アウトのモーションオフェンス

こんにちは、三原です。

このページは「5アウトのモーションオフェンス」の戦術が書かれた電子書籍のご案内です。

「バスケの大学」では、ブログもYouTubeでも、オフェンスの戦術ものが好評なんですよ。

  • どうやったら点が取れるか
  • どうしたらうまくオフェンスが組み立てられるか
  • 選手を育成しつつ、試合も勝てるシステムはないか

こんなことをお考えの方が多くいらっしゃるんでしょうね。

わたしは高校バスケの指導歴が16年ですが、基本的にこの5アウトのモーションオフェンスを教えてきました。

理由は次のようなものです。

  • 背が小さくてもできる
  • ファンダメンタルが身につきやすい
  • フリーオフェンスなので選手がやってて楽しい

毎年アレンジをするものの、基本的にはこの考えでやっています。

ガチガチのセットプレイを教えるの、あんまり得意じゃないんです。

アイデアや知識はたくさんあるんですが、わたし自身も教えていて楽しいのはこの5アウトのモーション。なので毎年ここに落ち着いています。

今までいくつかの著書を出版してきましたが、この本が一番好評でした。なので今日もこれをあなたにご案内しています。

なおこの電子書籍は、2020年3月にAmazonとnoteで販売したものと同じ内容です。なので、以前ご購入くださった方は買わないでください。

なぜここでご案内するかというと、今回、わたしのホームページ上でも教材が販売できるような設定に変えたんです。なので、これを第一号にして販売してみます。

約12,000字と少し少なめの文量ですが、図もたくさん入っていて、必要な情報は一通り網羅されています。

途中まで内容をお見せしますので、少し立ち読みしてもらって、もし続きが読みたいようならば、手にお取りくださいませ。

では、これより本文です。

目次

はじめに

これをお読みのあなたは、おそらくバスケットの指導者ではありませんか? しかも「どんなオフェンスを教えたら、うちのチームは試合に勝てるのか」と悩んでいることで しょう。そんなあなたに、本書を手にしてくださって、感謝しています。

わたしは今まで16年間、高校生の男子を教えてきました。毎年、試行錯誤の連続です。特に多い悩みは「大きい選手がいない」というものです。でも、考え抜いて、ついに良いオフェンスを作ることができました。それがこの「5アウトのモーションオフェンス」です。

・能力で勝てなければ、チームで勝てばいい
・個人で点が取れなければ、プレイで点を取ればいい

わたしはそう考えています。本書で紹介するオフェンスは、高校生男子はもちろん、女子でも、中学生でも、ミニバスでも使える、シンプルですが効果的なオフェンスです。

最大の特徴は「自分の得意プレイが発揮しやすい」ということです。選手が伸び伸びプレイすれば、試合の結果もついてきます。

もちろん、これを読んでくださっているあなたが、指導者ではなく現役の選手でも役立つ内容です。バスケットをより深く理解ができるようになり、プレイ向上のヒントがたくさんあります。 本書をぜひあなたのバスケットにお役立てください。

モーションオフェンスの特徴

このオフェンスは
・決められたセットプレーなし
・ピックアンドロールなし
という特徴があります。

「決められたセットプレーがない」ということは、選手が自分の判断をしてプレイすることを重視します。ディフェンスを見て、状況判断するわけです。バスケ指導のよくある問題点として「教えたことばっかりやろうとしすぎて、ミスが増える」ということがなくなります。

そして「ピックアンドロールなし」というのは、大きい選手がいないチームでもできるプレイを目指しているからです。

ピックアンドロールが有効なプレイであることは間違いないのですが、ボールハンドラー、スクリーナー、シューターというはっきりしたポジション分けが前提のプレイでもあります。それを突き詰めるのも1つの方法ですが、たとえば中学3年間で「とにかくスクリーンをかけるのが君の仕事だ」と教わった子は、スクリーンすることしかできなくなります。シューターの子は立ち止まってプレイすることしか覚えないでしょう。

今はどの年代、どのチームでもピックを多用していますが、育成という観点からいくと、ちょっと考えたほうがよさそうです。もっと言えば「ピックばかりで本当に選手はおもしろいのかな?」とわたしは思います。

パターンなし、ホジション固定なし。でもこれだけで「さあ、自由にやってごらん」では難しすぎます。だから、次の6つを原則として教えてあげる必要があります。

わたしがよく生徒にするたとえ話は「先生が教えることは木の幹だよ」です。この6原則が木(オフェンス)の幹となる考え方で、そこはチームとして共有します。そしてそこから伸びる枝や葉っぱ(個人のプレイ)は自由に伸ばすというイメージです。

6原則は次の通りです。
1)5アウトのスペーシング
2)ポジションレス
3)パスアンドカット(斜めのカット)
4)ドライブへの合わせ
5)バックドアを狙う
6)プレイメイカースポット(ショートコーナー)

順を追って説明し、最後に練習方法を紹介します。

1)5アウトのスペーシング

まず、5アウトのスペースに立ちます。

スライド2

できるだけ広がった状態を作ってオフェンスを始めるのです。なぜこうするのかというと「インサイドに広いスペースができるから」です。

普通のオフェンスは1人か2人、インサイドに立ってポジションを取ります。背が高く、体が強いセンターがここにいるなら良いのですが、そうでない 場合、はっきり言って邪魔になってしまいます。それであれば、5アウトに広がっておいた方が良いのです。

5人が広がれば、ディフェンスも自然と広がるので、制限区域に誰もいなくなり、そこが攻めやすくなりますね。

スライド3

バスケはゴールに近ければ近いほどシュートの確率が高まりますから、これは大事なことです。無意識のうちに、なんとなく立って邪魔にならないよう、まずは5 アウトのスペースを意識しましょう。

【オフェンスの教科書】5アウトのモーションオフェンスを解説

  • 本デジタル教材は、返金には原則的に対応していません。
  • 購入後、閲覧ページに移動します。メールアドレスにも閲覧URLをお送りしていますので、ご確認ください
  • メールアドレスの誤入力などで閲覧ページがわからなくなった方は、ysdbbc@gmail.comまでご連絡ください。
  • キャリアメール(docomo, softbank, auアドレス)やicloudアドレスは、こちらのメールがブロックされてしまい、対応できない可能性があります。返信がない場合はそれ以外のアドレスで問い合わせください。
¥1,000

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる