オフェンス

【バスケ戦術】5アウトのカールカット

こんにちは、三原です。

今日は、比較的新しいタイプのモーションオフェンスを紹介します。

5アウトにして、カールカットを多用するモーションです。

  • 大きなセンターがいない
  • パスが外しか回らない
  • 何か新しいオフェンスを知りたい

そんなあなたはぜひこの記事をお読みください。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べますので、聞き流しにぜひどうぞ。

5アウトで「行きたいところは空けておけ」

まず、このオフェンスは5アウトのセットです。

ポジションは特に決めなくてOK。誰がどこでもいいので、とりあえず広がりましょう。

なぜ、5アウトにするのか?それはゴール下でシュートしたいからです。

バスケの大学では何度もお伝えしていますが、バスケはゴール下でシュートし続けることができれば、必ず勝つスポーツです。

ゴール下でシュートすれば

  1. 高確率のシュートになる
  2. ファウルがもらいやすい
  3. ディフェンスが収縮する

という3つのメリットがあります。

センターが大きければ、ステイポストでそこに居続けてもいいでしょう。

でも、大きくなかったら、最初は開いておいて、そこから飛び込むオフェンスがいいです。

合言葉は、行きたいところは空けておけですね。

そのために5アウトにするのです。

カールカットでペイントアタック

1は3にパスをしたら、アウェイスクリーンをします。

そして2がスクリーンを使います。

ふつうは1が元いたトップに動くんですが、そこをあえて、ちょっと強引にでもカールカットしましょう。

ここへのパスが通ってしまえば、ほぼ勝ちです。

  1. 2のドライブ
  2. 収縮したのでキックアウト⇨3ポイント

といういずれもグッドシュートで終われます。

大事なことは、必ずペイントをアタックすることです。

キックアウトするにしても、ペイントに片足が入らないとディフェンスが収縮しません。中途半端なカットにならないようにしましょう。

アウェイとポジションチェンジ

たった1回のパスでペイントアタックできればいいですが、まあそんなに多くはありません。

ディフェンスも最初はがんばるからです。

なので、くり返しパスを回すことが大事です。特に小さいチームは、この「揺さぶり」が重要になります。

では具体的にどうするか。

2がカールしてパスがもらえなければ、そのままコーナー(5がいるところ)に流れましょう。

そして、

  1. 1は4のいるコーナーまで流れる
  2. 4は1とポジションチェンジ
  3. ボールを逆サイドに展開する

という流れを作ります。

「パンパン!」とリズム良くパスが流れれば、その瞬間にディフェンスがついていかざるを得ないんで、ドライブをするコースがぽっかり生まれたりもします。

もちろん、4がドライブできなければ、

  1. 1にパスして
  2. 3にアウェイスクリーン
  3. 3がカールカット

というように、プレイをくり返します。

コーナーストレッチが大事

以上のように、動きとパス回しでスペースを作り、ペイントにアタックする攻撃です。

大事なのは、コーナーにいる2人がちゃんと広がることです。

これがじわじわと寄ってくると、ペイントが狭くなって、アタックできなくなります。ちゃんとストレッチしましょう。

もちろん、コーナーの2人にシュート力があることが大前提です。シュート練習をして、3ポイントが打てるようになるなら、このオフェンスは効果絶大です。

まともにマッチアップしたら守れないので、相手はゾーンディフェンスにするしかないでしょう。

ぜひ、あなたのバスケにお役立てください!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する