バスケ

【バスケ】5分でシュートがうまくなる自主練 練習方法をお伝えします

5分でシュートがうまくなる自主練 練習方法をお伝えします

 

こんにちは、三原です。

この記事をお読みのあなたは

  • シュートがうまくなりたい
  • 良いシュート練習方法を知りたい

とお考えですね?

今回は、シュートがうまくなる自主練方法をお伝えします。

授業が終わってから、部活が始まるまでの間など、

ちょっとした自主練の時間ってありますよね?

そのときにほとんどの人がシュートを打つと思うのですが、

ただシュートするよりも「フォームをきれいにする練習」をすべきだよ、というお話です。

具体的な練習方法は

  1. フォロースルー
  2. 片手バンクシュート
  3. セットシュート
  4. ジャンプしながらシュート
  5. ミートシュート

この順に1分ずつ「合計5分」やるのです。

動画講義はこちら。

9:08からわたしが実際にシュートしてます。そこだけでも見てください。

フォロースルー

まずは右手で(右利きの場合)フォロースルーを作ります。

バックボードに向けて投げ上げるのです。

片手1本でやることで、腕をまっすぐにする練習です。

片手バンクシュート

次に、45度の位置に立って、バックボードに当てるシュートを打ちます。

ただし、「右手と左足」だけを使います。

片手、片足のシュートです。なぜならば、

  • 右手はボールをまっすぐ投げる腕
  • 左足は床を蹴って力を伝える足

であり、シュートの骨格だからです。

この練習でフォームの基礎を作ります。

セットシュート

今度は両手、両足を使って、リングの正面からシュートです。

注意すべきことは

  • 左手は添えるだけで、動かさないこと
  • 右足も床につけるが、体重は左足に70%かけること
  • 重心はやや前。つま先に力を入れること

です。

リングの直径は45センチ。ボールは22センチです。

リングはボールが2つ入る大きさなので「シュートは入って当然」と思い込みましょう。

そして、リングに当たらないで入れるシュートをしましょう。

ジャンプしながらシュート

セットシュートの次は、その形のままで、今度は「ジャンプしながらシュート」します。

ボールを頭上にセットした状態で、

3回「ぴょんぴょん」と軽くジャンプして、

4回目のジャンプでシュートします。

フォームが崩れないように注意しましょう。

この練習で、ジャンプシュートの基礎的な感覚を身につけます。

ミートシュート

最後はミートシュートです。

実際の試合の時は、ボールをキャッチするところからシュートは始まっています。

パスをキャッチするイメージでボールにミートして

  • 右・左
  • 左・右

と足のステップをしっかり踏んでジャンプシュートします。

ドリブルをついてキャッチしての練習も必要でしょう。

ゆっくりでもいいので、実際の試合と同じリズムを作るのです。

まとめ:バスケは習慣のスポーツです

以上の自主練を、1日5分やるだけで、シュートフォームはきれいになります。

フォームが固まれば、シュートの確率は絶対に高まります。

おそらく、自主練の時間は多くの人がなんとなくシュートを打つだけでしょう。

そうではなく、短い時間でもいいので、毎日「フォーム作り」をやるべきです。

バスケットボールは習慣のスポーツなので、1日の練習時間が短くてもいいから、毎日のくり返しが大事です。

考えなくても自然とできちゃう、という状態を目指して反復練習してください。

参考文献

わたしの著書で、シュートフォームについて詳しくまとめたものです。

YouTubeの動画も埋め込んであり、わかりやすくなってます。

具体的な練習方法も紹介していて、スマホで簡単に見れるので、

ぜひあなたのシュート練習にお役立てください。

noteの方が読みやすい!という方はこちらです。

内容は同じになってます。

→ https://note.com/coach_mm/n/n15bb350125e6

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる