オフェンス

ピック&ロールを使うオフェンス「5メン・オートマチック」【バスケのセットオフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は『ピックロールを使うオフェンス「5メン・オートマチック」』というお話です。

これは育成年代の日本代表を指導しているトーステン・ロイブルさんの理論です。

ロイブルさんは現在3x3のコーチもしていますね。

さて、このオフェンスはマンツーマンに対する攻撃法で、ピック&ロールを使うオフェンスです。

5対5を半分に分けて

として考え、それをくり返すものです。

ポジションとしては

  • #1=ポイントガード
  • #2=シューティングガード
  • #3=スモールフォワード
  • #4=パワーフォワード
  • #5=センター

です。

簡単にいえば

  • #1、2、3はアウトサイド
  • #4、5はインサイド

ということです。

ではさっそく行きましょう。

#1はどちらかにパスします

  • #2にパス → 3対3をする
  • #4にパス → #4との2対2をする

#2にパスをしたとします。

  • #1はコーナーにカット
  • #5は#2にピック
  • #2はピックを使う
  • #1はコーナーリフト

このように3対3をします。

これでシュートができなければ、

  • #2から#4にパス
  • #4から#3にパス
  • ピックをして2対2

というように2対2に移行します。

このとき大事になる動きが#4と#5の「ダイブ&リフト」です。

  • #3がドリブル
  • #4がピックしてダイブ

この動きをするのですが、#5がゴール下に止まっていると邪魔ですね。

そこで「リフト」といって、ダイブと逆方向に上がるのです。

こうするとディフェンスはどちらにつくべきか迷います

  • #5についていけば、#4がノーマーク
  • #4についていけば、#5がノーマーク

というようになります。

さらに、#5のリフトに対して、#2がそのままいると邪魔ですね。

だから「フレア」といって、遠ざかるように動きます

整理すると、#3がピックを使う連携としては

  • #4がダイブ
  • #5がリフト
  • #1、#2がフレア

という動きになります。

スペーシングが保たれるから、攻めやすいわけです。

これで攻められなければ、

  • #3から#5にパス
  • #5から#2にパス
  • ピックを使って3対3
  • #4がリフト
  • #3がフレア

というようにピック&ロールを連続させます。

何度も何度もピックをかけることで、ディフェンスのずれを作るオフェンスです。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【参考図書】

ピック&ロールの解説書です。立体的な図面がとてもわかりやすい良書です。

もしよければ、ぜひ。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる