オフェンス

【オフェンス指導】5−0ダミーはやった方がいい理由

こんにちは、三原です。

1対1がうまくても、3対3だとうまくできない。

3対3がうまくても、5対5だとうまくできない。

こういうことってよくありますね。

味方が増えれば増えるほど、本当はプレイしやすくなるはずなのに、お互いに邪魔してしまう。

こんなチームは5−0ダミーから練習を始めるといいです。

YouTubeでも解説しています。

音声だけ聞き流してくれれば大丈夫です。ぜひご視聴ください。

5−0ダミーとは

5−0ダミーとは、ディフェンスをつけないでオフェンスが空動きをする練習です。

決められたパターンがあって、オフェンスの約束事を体で覚えるための反復練習ですね。

たとえば、トライアングルオフェンスをやるとします。

最後はディフェンスをつけて練習するのですが、初めからディフェンスをつけると、動きのパターンを覚えることがしにくくなるので、まずは5−0をやるってことです。

ちなみに、トライアングルオフェンスの動きが知りたい方は、こちらをお読みください。

トライアングルオフェンス わかりやすく 【バスケットボール理論】こんにちは、三原です。 「トライアングルオフェンス」とは、世界一有名なバスケのオフェンス戦術です。 なぜ有名になったのか?そ...

戦略からの逆算

5−0ダミーをやることで最大のメリットは、選手が個人技術を「どこで、どのように使うのか」がわかるってことです。

よくある練習パターンが、基礎からの積み上げ方式。

  1. アップ
  2. レイアップ
  3. 3メン
  4. 1対1
  5. 3対3
  6. 5対5

もちろん、これが悪いわけではありません。

でも、これはチームで「こういうバスケをやろう」という共通認識がないと、ただの練習になってしまいます。

なので、最初のうちに5−0ダミーをやって、戦術をはっきりさせておくべきです。

「戦略⇨戦術⇨技術」という逆算的な思考です。

例えば

  1. うちのチームはセンターが強い(戦略)
  2. じゃあトライアングルオフェンスをやろう(戦術)
  3. この部分の1対1を練習しよう(技術)

という順に逆算すれば、練習にムダがなくなります。

なので、早いうちに5−0ダミーをやっておくべきだ、という考えです。

NCAAの初日の練習で多いパターン

マイケルジョーダンの母校として有名なノースカロライナ大学。

2019年の練習風景がこちらです。

内容は

  1. 個人練習
  2. ストレッチ
  3. 3メンなど、走る練習
  4. 5−0ダミー
  5. シェルディフェンス
  6. 5対5

というもの。

これ、NCAAとかNBAの練習初日でよくあるパターンです。

今後の練習にムダがないように、まず最初に戦術の理解からやるんですね。

もちろん、わたしたちのチームはノースカロライナではありませんから、すべてを真似する必要はないです。

でも、逆算的に練習を計画するという部分は、おおいに参考にすべきです。

というお話しです。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!