オフェンス

【バスケ】3アウト2インのオフェンス センターを生かすフォーメーション

こんにちは、三原です。

今回は「3アウト2イン センターを生かすフォーメーション」というお話です。

きっとあなたは、効率よく得点できるオフェンスを探していることでしょう。

また、自分のチームのセンターを生かすフォーメーションを考えているのかもしれません。

この記事では、とても効果的な「3アウト2イン」のセットオフェンスをわかりやすく解説します。

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者です。そして「バスケの大学」で、バスケの悩み解決になる情報発信を毎日しています。

動画講義はこちら!

3アウト2インのオフェンス センターを生かすフォーメーション

まずこのオフェンスは、最も基本に忠実なものです。

まちがいないオフェンス。それが3アウト2インです。

メリットは

  • ゴール下の確率の高いシュートが増える
  • ファウルをもらいやすい
  • リバウンドを取りやすい
  • パスミスが減る
  • バリエーションが豊富

こんなにあります。

でも、最近はこれをやるチームが少なくなっています。

最近多いオフェンスは

  • ピックアンドロール
  • 5アウト
  • ホーン(センター2人がハイポスト)

などが多いです。

なぜ3アウト2インをしないのか?

なぜ多くのチームは、3アウト2インをしないのでしょうか?

答えは簡単で「良いセンターがいないから」です。

センターがいないから、ピックしたり、5アウトしたり、工夫するのです。

逆に言えば、あなたのチームにセンターがいれば、絶対に3アウト2インをやるべきです。

本当はやりたいけど、センターがいない(背が小さい)からできない。

あこがれのオフェンス、3アウト2イン。

もしあなたのチームに

  • 背の高いセンターがいる
  • 体のぶつかり合いが好きなセンターがいる

のであれば、オフェンスは3アウト2インの一択です。

基本の動き

  • #1がトップ
  • #2、#3がウイング
  • #4、#5がローポスト

バランスの良い5角形でオフェンスが始まります。

#2、#3がVカットして45度でボールを受けます。

45度でボールを受けるメリットは、

ローポストにもハイポストにもパスしやすいからです。

図のように高すぎると、ローポストに遠すぎてパスできないことがわかりますね。

ボールサイドのローポストはシール

#2がボールを受けたら、#5はシールです。

ディフェンスを押し込んで、ポジションを取ります。

ここにパスが入れば、1対1で勝負です。

しかし、#5のディフェンスが前に立てばパスはできません。

そこで#4がハイポストにフラッシュです

こうすると、#4はパスを受けてシュートできますし、

もしディフェンスが#4のパスを防ぎにディナイしたら、

ゴール下に広いスペースができるので、#5にパスが入ります。

ハイローポスト 最も力強いプレー

#4から#5にパスを入れることもできます。

#4がボールを受けたときに、#5がディフェンスをシールし続ければ、

#4から#5へのハイローが決まります

これができれば、簡単にゴール下で得点ができます。

#1はアウェイ

ここまでのプレイをするときに、#1が立ち止まっていると邪魔になります

どういうことかというと、#1が図のように立ち止まると、

#1のディフェンスが、ハイポストあたりに残っちゃうんです。

ここって、一番攻めたいとこですよね。

だから、#1はパスをしたら「アウェイ」して、

#3とポジションチェンジしましょう。

こうすれば、ハイポストにスペースができます。

まとめ「3アウト2イン」はシンプルイズベストです

簡単ですよね?

この動きを、良いシュートができるまでくり返します。

ボールを右サイド、左サイドに展開しながら、

しつこくインサイドにボールを集めるのです。

動き自体はむずかしくありません。

だから練習も、パスワークとポストの1対1を磨けばいい。

極めてシンプルです。

だからこそ、ディフェンスは守りにくい。

くり返しになりますが、もしあなたのチームに

  • 背の高いセンターがいる
  • 体のぶつかり合いが好きなセンターがいる

のであれば、オフェンスは3アウト2インをぜひやりましょう。というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!