オフェンス

ピック&ロールを極める 3メン・オートマチック 【バスケのセットオフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は「ピック&ロールを極める 3メン・オートマチック」というお話です。

これは育成年代の日本代表のコーチであるトーステン・ロイブルさんから直接教わった理論です。

3メンとは「3対3」のこと。

オートマチックとは「ディフェンスに合わせて動く」ということ。

  • ピック&ロールを
  • ディフェンスがこうだったら、こう

というように、選択肢を明確にした教え方です。

ちなみに前回は「2対2」を解説しました。

まだ見てない人は併せてご覧ください

→ 2メン・オートマチックはこちら

3対3のエントリー

まずは#2が45度でボールを受けるように

  • 3ステップコントロールで
  • Vカット

します。

そして、パスをしたら

  • #1が
  • コーナーにカット

します。

この動きはボールをもらうためではなく、ハイポストのスペースを広げるためです。

そして#1のカットの直後、#5がピックに行きます。

①ジャンプシュート or ダイブ

#2はピックを使ってドリブルします。ポイントは

  • ドリブル2つで
  • コートのまん中まで行く

ということです。

このドリブルと同時に

  • #5がフロントターンして
  • ゴール下にダッシュ(ダイブ)

という動きをします。

ピックをかけて#1と#5がくっついた状態から、

爆発するように離れれば、ディフェンスは対応できなくなります。

  • ピックがかかれば#1がジャンプシュート
  • スイッチすれば#5にバウンドパス

どちらかで必ずシュートに行けるでしょう。

②コーナーリフト

このプレイでシュートまで行けないとすれば、それはおそらく

  • #1のマークマン(A)が寄っている

ということになります。

そうすれば当然#1がノーマークになります。

ただし、#1はそのまま立っていると角度的にパスを出しにくいので、

#1はコーナーから上に上がります。

これをコーナーリフトと言います。

パスを受けたら、ディフェンスはいませんから、ゆっくりと3Pシュートを狙います。

③インサイドフィード

コーナーリフトで#1がパスをもらえば

Aはクローズアウトしてきます。

このとき、#5がゴール下でシール(ポジション取り)をすれば、

ディフェンスを抑え込むことができます

パスが通れば、即シュートになります。

#5はダイブして終わりでなく、

パスが#1に行ったらシールする習慣をつけましょう。

 

以上が3対3のオートマチックです。

ディフェンスがこうだったら、こう

という「じゃんけんの後出し」のように考えて

ディフェンスを見てプレイを選択する、という発想が大切です。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【参考図書】

ピック&ロールの解説書です。立体的な図面がとてもわかりやすい良書です。

もしよければ、ぜひ。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる