オフェンス

【バスケ】3アウト2インのセットプレイ【モーションオフェンス】

【バスケ】3アウト2インのセットプレイ【モーションオフェンス】

 

こんにちは、三原です。

モーションオフェンスは、選手の判断にまかせるオフェンス方法です。

なのでいろいろなプレイが可能になりますが、

それだけに、何をしていいか悩んでいる人も多いはず。

  • どんなセットがいいの?
  • メリットがわからない。
  • 自分たちの強みを生かす方法が知りたい。

これを読んでいるあなたもそんなことをお考えではありませんか?

結論からいいます!

もし、オフェンスに迷っているなら3アウト2インをやりましょう!

なぜなら、もっともデメリットが少ないオフェンスだからです。

動画講義はこちらです!

セットの形

  • トップにガードの1
  • ウイングにフォワードの2と3
  • ローポストにセンター#4と#5

この5m5角形が基本になります。

ボールをもらうために2と3はVカットします。#1はどちらかにパスです。

2はボールを受けたらリングを向きます自分自身が攻める姿勢を見せることが、ディフェンスを引きつけることになります。

ボールサイドの5はローポストアップです。できるだけゴールに近い場所で、ディフェンスをシールしましょう。

5がシールする時に、逆サイドの4が止まっていると、4のディフェンスDがカバーに寄ってしまうはずです。そうすると、ローポストにパスが入れられません。

ではどうするのか?それは4がハイポストにフラッシュです。

4がハイポストに上がれば、ディフェンスDがふつうにマッチアップすれば、ゴール下にスペースが空きます。

もしEがフルフロント(#5の前に立つ)で守ってれば、頭の上をフワッと浮かせたロブパスが通せます。

逆にDがゴール下に残れば、4がノーマークです。

ハイポストに上がればどちらかにチャンスが作れるわけです。必ずハイローポストの形になりましょう。

ウイングとハイローのトライアングル(三角形)を作るのがこのオフェンスの柱になります。これを覚えておいてください。

ハイローポスト

ハイポストでパスを受けた#4は、ノーマークならばまずジャンプシュートを狙います。

そのシュート動作にディフェンスが出てきたら、ドライブで抜きます。

バスケットボールには1対1の方法を表した金言があります。それは

・下がったら、打て
・出てきたら、抜け

というものです。これは徹底的に頭に入れておきましょう。

一方5は、4がボールを持ったらディフェンスEをシールし続けて、ポジションを取りましょう。ディフェンスを制御することができたら、パスが通ります。

このパスを「ハイローポスト・アタック」と言います。最も確率の高い攻撃のひとつです。

なので、ハイポストにパスが通ったら、

・ハイポストでリングを向く
・まず自分の1対1
・ハイローのパスを狙う

この順で攻撃を選択します。

ちなみに、ローポストはシュートに最適、ハイポストはパスに最適なポジションです。これも頭に入れておきましょうね。

アウトサイドの動き

1は2にパスをした後、アウェイしましょう。

トップに止まっていると邪魔です。ハイポストにスペースがなくなるからです。

1はトップからウイングの位置までアウェイして、スペースを作ります。同時に3もコーナーまでアウェイです。

アウェイするときに考えるのは、ディフェンスの視野から消えるように遠ざかるということです。具体的に言えば、「ボール・ディフェンス・自分」を一直線上にするのです。

こうすればディフェンスはマークマンの動きに気を取られて、ボールをカバーすることができません。

また、ボールをもらった時も、1対1がしやすくなります。これがアウェイの意味です。

逆サイドへの展開

ボールがウイングからポストに入らなかった場合は、ボールをガードの1に返しましょう。

そして1はパスをもらったら、できるだけ早く逆サイドの3にパスを飛ばします。

なぜなら、ボールサイドがせまくて攻められなかったわけですから、逆に反対のサイドは広くて攻めやすいわけです。

いち早くボールを広い逆サイドに飛ばしましょう。

ボールを持った3は目の前に大きなスペースがあるはずです。

ディフェンスが抜けたら、まっすぐドライブしてリングに攻めましょう。

ポストのダウンスクリーン

3にボールが展開したものの、1対1で攻められなければ、次はポストが動きましょう。

まずハイポストの4はそのままボールサイドカットを狙います。もらえるならばパスをもらって、ゴール下でシュートです。

ふつうにディフェンスがしてくるならば、簡単にボールサイドカットはさせてくれないはずです。そこで5にダウンスクリーンをかけます。

4は一度ボールサイドカットを狙ってからダウンスクリーンにいくことで、スクリーンの角度もよくなります。まずは自分がボールをもらうための動きをしましょう。

5の動きとしては、スクリーンが来たら一度ディフェンスをゴール下に押し込むことが重要です。ゴール下に行けばディフェンスはそれを守らないわけには行きませんから、5の真正面にディフェンスが来るはずです。

具体的には、ノーチャージエリアの中にディフェンスを入れましょう。この場所をジェイル(刑務所)と呼ぶコーチもいます。ここにディフェンスが入ったら、何も守れないからです。刑務所に押し込んでからスクリーンを使えば、絶対にぶつけられるはずです。

ハイポストに5が上がったら、4はローポストでシールします。逆に5がローポストに行ったら、4はハイポストにフラッシュです。必ずハイローになって、3のウイングと4、5でトライアングルを作ります。

常に「ボールサイドはトライアングル」が合言葉です。

リバウンドも行きやすい

こんな感じでポストが動いて攻めるわけですが、もう1つメリットがあります。

それはリバウンドに行きやすいことです。

オフェンスリバウンドは

  • ゴール下に3人
  • ロングリンバウンドに1人
  • セフティに1人

の形がベストです。

Yの字に似てるので、Yポジションって呼ぶコーチもいます。

センターが常に2人いるので、このポジションに行きやすいんですね。

オフェンスはシュートして終わりじゃないので、リバウンドに行きやすいかどうかは、オフェンスをつくる上でちゃんと考えておいてください。

まとめ

オフェンスはなるべくシンプルにしましょう。

選手が動きだけに迷ってしまうようなオフェンスだと、1対1の力が発揮できません。

なので、できるだけシンプルなものがオススメです。

特にここで紹介した3アウト2インは、ゴール下の1対1が多くできるので、

迷ったらこれをやっておけばまちがいない!ってセットです。

3アウト2インについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!

わたしの著書です。

小さいチームはセンターを育てなさい(アマゾン電子書籍)

noteはこちらです!

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する