コーチング

【コーチング】2−6−2の法則 チームビルディングで大切な考え方

こんにちは、三原です。

わたしはバスケットボールの指導者なんですが、今回はチームを作る上で大切な「2ー6−2の法則」をお話しします。

あなたがチームのリーダー、指導者で

  • チームがなかなかまとまらない
  • 言うことを聞いてくれない人がいる
  • 雰囲気がよくならない

そんなお悩みを持っていませんか?

わたしも実際に高校生を指導してきて、この悩みは常に持っていました。

でも、この2−6−2の法則を知ってからは、自分の指導スタイルを変えることができました。

2−6−2の法則というのは、かんたんにいうと次のようなものです。

  • 全体の20%は、何を言ってもついてくる人
  • 全体の20%は、何を言ってもついてこない人
  • 60%は、どっちにでもなり得る人

この中間層の60%を大切にすると、チームのまとまりはとても良くなるよ、というお話しです。

動画講義はYouTubeからどうぞ!

音だけ聞いても学べるようになっています。

2−6−2の法則

どんな理不尽な内容を教えても、明るくがんばる子は全体の20%います。

反対に、どんなにすばらしいことを教えても、食いつかない子は20%います。

60%はそのときの雰囲気によって決まります。

それぞれをちょっと深掘りしてみましょう。

どんなにきついこともついてくる20%

たとえば走り込みの練習をむりやりやらせたとしましょう。

みんな走り込みんなんて、本当はしたくないはず。

それでも、気持ちを切り替えて明るく声を出して走る子がいます。

割合としては全体の20%です。

こういう子は、いい意味でほっといてもがんばります。

どんなに良い話も聞かない20%

逆に、どんなにすばらしい話をしても、またかんたんなことだけ言っても、やってくれない子はいます。

  • たったこれだけなのに、なぜ?
  • なんでこいつはいつもこうなんだ?

そう思うこと、ありません?わたしはあります。

これは全体の20%くらいは、必ずそういう子がいるものなんです。

これは誰が悪いわけではなく、組織というのはそういうものだと割り切りましょう。

全員に完ぺきを求めてはいけないんです。

60%をどっちに引っ張るかがカギ

ということは、チームの色を決めるのは、まん中の60%がカギです。

この60%が上の色に染まるか、下の色に染まるかで、チームの雰囲気は決まるからです。

上に引っ張られれば、全体的に赤いチームになります。

逆に下に引っ張られたら、全体が青くなります。

うまくない子に声をかけよう

指導者は、うまい子に声を多くかけがちです。

うまい子は試合に出るので、その子たちだけを育てれば、試合に勝つ確率が上がるように思えるからです。

でも、そういうチームはまとまりがなく、バラバラな印象のチームになります。

なぜなら、上位20%以外のメンバーが「まっ青」だからです。

上の子たちは、いい意味で放っておいても大丈夫なんです。

なので指導者としては、うまくない子にどんどん声をかけましょう。

選手にとって良いコーチは2つしかない

うまくない子に声をかける方法を、もう少し深掘りします。

結論として、もし選手が「先生のためにがんばろう」と思ってもらえるような関係になったら、あなたが持つすべての悩みが解決します。

あなたが選手にとっての「良いコーチ」になれるかどうかが、すべてです。

そして「良いコーチ」とは、2つしかありません。

  • 試合に使ってくれるコーチ
  • ほめてくれるコーチ

この2つです。

試合に使ってくれるコーチ

自分のことを試合で使ってくれるコーチは、その人にとって「良いコーチ」になります。

なのでコーチは技術を上達させて、試合で活躍できる選手を1人でも増やす努力は大切です。

しかし、何度もいうように、上位20%の子は放っておいても大丈夫なんです。

むしろ放っておくことが「信頼」と伝わることさえあります。

なので、力を入れるべきは「ほめてくれるコーチ」になるかどうかです。

ほめてくれるコーチ

自分をほめてくれるコーチは、その人にとって良いコーチになります。

たとえ自分が試合に出られなくても、認められて、チームの一員だという自覚が持てるからです。

  • 存在をほめる → 今日も来てくれてありがとう!
  • 過程をほめる → 毎日、欠かさず朝練に来て、すばらしいね!
  • 結果をほめる → ずいぶんとシュートがうまくなったね!

こんな形のほめ方があります。

結果をほめるのはかんたんです。目に見えることをほめればいいですからね。

でも、過程をほめるのはむずかしいです。

存在をほめるのは、もっとむずかしいです。

生まれたばかりの赤ちゃんは「生まれてきてくれてありがとう!」と言われますが、だんだん大きくなるとそればかりは言われず、結果を親に求められるのと同じです。

もし、自分の生徒が結果を出せなくても、その中身や行動をほめてあげましょう。

それができれば、チーム全員にとって、あなたは良いコーチになれるはずです。

交換ノートがオススメ

ほめるためには、とにかくコミュニケーション量を多くすることです。

わたしは「交換ノート」をオススメします。

バスケのことや、生活のこと、それをノートに書いてもらって、週に何回か提出してもらうんです。

もちろん指導者から赤ペンでアドバイスや共感を書き、返却します。

アナログなやり方ですが、これが一番だとわたしは思っています。

理由は2つで

  • 練習中だけだと、全員に声をかける時間がないから
  • 言えなくても、書くことならできることが多いから

ですね。

特に最近の子はスマホ世代なので、文字で思いを伝えることは得意です。

ノートに書いてもらえば、全然しゃべらない子ほど悩みを打ち明けてくれたりします。

こうして、コミュニケーションを深めるのがオススメです。

まとめ

  • 何でも前向きに取り組む人は全体の20%
  • 何にもやってくれない人は全体の20%
  • まん中の60%がチームの雰囲気を決める
  • バスケがうまくない子ほど声をかけるべき
  • ほめてあげれば、信頼関係をつくれる
  • 結果だけでなく、存在や過程をほめる
  • コミュニケーションは交換ノートがオススメ

というお話しです。

あなたのお役に立てればうれしいです!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる