ラジオ

1対1は「もらう」から「さばく」までで完了

こんにちは、三原です。

この記事は、バスケの大学・ラジオ局の台本です。

音声で聴きたい方はこちら!

さて、本題に入る前に、2つほどお知らせをさせてください。

バスケの大学・無料メルマガ講座

バスケの指導者の方に向けて、「なるほど!」と思ってもらえるような、悩み解決になるようなお話を、あなたにメールで直接お届けします。

最初の1通目のメールで「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしています。ぜひこの機会にメルマガを登録してみてください。

【指導者向け】バスケの大学 無料メルマガ講座こんにちは、三原です。 今まで、YouTubeやブログを中心にバスケの悩み解決になる情報発信をしてきた「バスケの大学」ですが、つい...

 

YouTubeメンバーシップでの限定放送

通常の毎朝放送に加えて、YouTubeのメンバーシップ機能を使った「限定放送」をお届けしています。

こちらは、バスケの大学「研究室」で取り上げている内容を、20〜30分くらいの音声講義として、週に2回ほどお届けしております。

通常放送が役に立つ!と感じていただける方にとっては、きっと役に立つ内容かと思います。ぜひ下のリンクから「メンバーになる」をクリックしてみてください。

【メンバーシップはこちら】

https://m.youtube.com/sponsor_channel/UCGsfgGlqbVgaDV3UxP22uAw?noapp=1

 

1対1は「もらう」から「さばく」までで完了

昨日まで、ジュニアウインターカップが行われていました。

 

 

いくつかの試合を見たのですが、一言で言うと本当にうまい!

スキルの面では、中学生離れをしていますね。

わたしの中で最高だったのがKAGO CLUB(大阪)

 

育成年代らしく、どんどん1対1を仕掛けていくパターンで、そのスキルがとにかくうまい。

選手たちはもちろんですが、本当にコーチ陣がすばらしいと感じました。

ヘッドコーチは、あの有名な丸田さんですね。

 

おそらく、KAGO CLUBさんでは、単なる1対1スキルの習得だけでなく、チームとしてのコンセプトを共有してるのだと思います。

合わせの動き方、その原則。そういったものを丁寧に教えてるんじゃないかな。

しかも型だけじゃなくて「何のために」というところを落とし込んでるように感じました。

選手が状況判断できるための材料というか。そういったものがチームに根付いていると感じました。

 

1対1は周りが大事

育成年代には1対1をさせるのが大事だ!という意見があります。

もちろん同意します。

ただし、その1対1の定義が

  • ドリブルして
  • ディフェンスを抜いて
  • シュート

だけになってると、ちょっと違うかな、とわたしは思います。

そのもう1つ手前の「パスをもらう」こと。

もう1つ先の「パスをさばく」こと。

ここまでできて1対1は完了だからです。

  1. 動いて
  2. もらって
  3. 抜いて
  4. シュート
  5. またはパス

という段階まで教えられて、はじめて1対1は完了です。

「抜いて、シュート」だけじゃないってこと。

 

ドリブルスキルを活かしたければ、合わせが必須

たとえばピックプレイにしてもそうです。

ボールを持った人、スクリーナーだけをドリルしてもだめなんです。

なぜなら、試合になったら「隣の人がどこで何をしてるか」が決め手になるからです。

 

 

KAGOはパスをしてカッティングして、スペースを作ったり、ドライブに対して合わせる動きが本当にスムーズでした。

育成年代は1対1!というのは賛成ですが、単なるスキルだけを磨くのではなく、5人の動きの連動こそが大事なんです。

それがなければ個人スキルは発揮できません。

スキルを発揮させるための戦術

判断するための基準を教える

ジュニアウインターカップを見て、その大切さを学びました。

 

バスケの大学・研究室

「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在進行形で手が出ている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。

興味のある方はぜひのぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

本日も最後までありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料メルマガ講座
を見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です