ラジオ

バスケの試合に勝つための方程式 数値の目標を具体的に(バスケの大学ラジオ2021年10月5日)

こんにちは、三原です。

このブログはラジオの台本です。

今日のラジオはこちら!

 

さて、NBAのプレシーズンやBリーグ開幕もあり、またテレビでバスケを観られる季節になりましたね。

この前の女子アジアカップもそうですが、試合を見ると、必ず「数字」が現れます。

バスケにおいて数字ってすごい大事です。というのは

人は見えないものは管理できないから

です。

たとえば、「今日はシュートをちゃんと決めよう」とかっていう目標だと、ほとんど役に立ちません。

プレイしてる途中にそれを振り返りにくいからです。

それよりも

今日は2点シュートを50%入れよう

とか、数字にした方がいいんです。

そこで今日は、わたしが考える試合の数値目標をかんたんに紹介します。

1ゲーム80点

まずはこれです。1ゲーム80点。

  • 40分の試合で40ゴール
  • 40ゴールで80点

ということです。つまり

1分に1ゴール

これが目標です。

8分クォーターの中学生なら64点ですね。

わかりやすくて、いい目標だと思います。

シュートの確率は

さらに80点を細かくいきます。

3ポイント 24本打つ 33%

2ポイント 50本打つ 40%

フリースロー 24本打つ 70%

これで80点です。

この本数と確率で、

3ポイント 8本成功 24点

2ポイント 20本成功 40点

フリースロー 16本成功 16点

ということです。

2ポイントの40%は少し低く思われるかもしれません。

でもそれは、シュートファウルをたくさんもらうって前提で考えてます。

ファウルされたらシュートの確率は当然低くなりますね。

だから2点シュートはちょっと低めに考えていいと思います。

自チームなりの目標を立てよう

どこまでいってもバスケは、

シュートの本数と確率

これを高めるゲームです。

自分たちのチームに合った目標を立てるといいですね。

またNBAやBリーグの試合を見たら、数字をチェックする癖をつけましょう。

いろいろ気づきがあっておもしろいですよ。

 

今日もありがとうございました。

三原学でした。それでは、また!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!