ラジオ

ジョーダンの試合でわたしが1番好きなのは(バスケの大学ラジオ2021年9月30日)

こんにちは、三原です。

今日のラジオはこちらです。聞き流しでバスケの学びをぜひどうぞ!

さて、今日はNBAの話です。

わたしは今、40歳ですが、わたしの世代だとやっぱりマイケル・ジョーダンなんですね。

個人的にはマジック・ジョンソンとレイカーズの大ファンなんですけど。やっぱりジョーダンの影響は強く受けています。

で、ジョーダンの名勝負って、いくつもあるじゃないですか。

  • プレイオフ記録の63点取ったセルティックス戦
  • 88年のオールスターゲーム
  • 98年の「ザ・ラストショット」

とか、もういろいろとありすぎます。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1250320303684640771?s=20

そんな中、マニアックなわたしが一番好きな試合があります。それは

2003年4月17日 対シクサーズ戦

これなんです。

これ、ジョーダン現役最後の試合です。ジョーダンはウィザーズにいました。

https://twitter.com/sportingnews/status/1441796429433827335?s=20

プレイオフ出場を目標にしていたジョーダンは、この年を最後に、バスケ選手を引退することを決めていました。

たしかこのシーズンは82試合すべてに出場。膝の怪我もあったはずですが、最後までジョーダンであり続けたんですね。

でもチームは負け越しが決まり、プレイオフは出られないことが決定しました。

そんな中でむかえたシーズン最終戦。勝っても負けても、ジョーダンはこれで引退なわけです。

この試合でジョーダンは15点を入れて、チームに貢献。でも試合は、20点くらいシクサーズにリードを許したまま、最終クォーターに入ります。

残り2分くらいですが、ウィザーズは敗色濃厚。ジョーダンはベンチに座ったまま、最後のブザーがなるのを待っていました。

そんなとき、観客からの大きな大きな大合唱

We Want Mike!

(マイケルを出して!)

これを聞くとジョーダンは笑みを浮かべて、嬉しそうです。

コーチのダグ・コリンズはジョーダンに「出ようよ」とニッコリ。ジョーダンは再びコートに立ちました。

観客は大興奮!最後のマイケルのシュートが見たい!

しかし、コートに立ったジョーダンは、ほとんどプレイをしませんでした。

パスが来ても、リングに向かわずに味方にパスを返します。

ディフェンスもほとんどしません。

ボクはもういいよ。ありがとう。楽しかったよ!

とでもいう感じです。

それを見たシクサーズのヘッドコーチ、ラリー・ブラウン(ジョーダンのノースカロライナ大学の先輩であり、殿堂入りコーチ)は、シクサーズの選手にこう指示します。

マイケルにファウルしなさい

「ピッ!」っと、すぐにファウルが吹かれました。

そうです。コーチブラウンはジョーダンに敬意を表して、そして観客への感謝の気持ちとして、ジョーダンにわざとファウルして、フリースローを打たせたのです

ジョーダンは感謝の気持ちを胸に、ラインに立ちます。

そして、2スローを今まで通り、キレイなフォームで成功させます。

ラリーブラウンの粋なはからい。そしてちゃんと決めるジョーダンのかっこよさ。

これをテレビで見てた23歳くらいのわたしは、しびれましたね。

#23なのも何かの偶然か?

さらに、このあと、ウィザーズのダグ・コリンズは、選手にこう言います。

マイケルのフリースロー後、ファウルして試合を止めなさい

2スローが決まったことが、完璧なキャリアの締めくくりにふさわしいと感じたコリンズは、もう一度ファウルをして、ゲームを止めます。そしてジョーダンを交代させるのです。

目に涙を浮かべながらベンチに下がり、大観衆に手を振るジョーダン。

ここでちゃんと交代させるダグコリンズの男気。

すべてのかっこよさが、この数十秒にはつまっていました。

わたしは、試合は勝ち負けがすべてではないと思っています。

それは、2003年に見た、ジョーダンの勇姿と、バスケットボールに敬意を払った2人の名将のかっこよさが、いつまでも脳裏に焼きついているからかもしれません。

今の時代、YouTubeにこの試合があるんですね。ぜひ残り2分30秒くらいから見てみてください。

涙が出ます。。。

ありがとうございました。三原学でした。それでは、また!

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!