ラジオ

【質問回答】バスケのコーチになる方法(バスケの大学ラジオ2021年9月28日)

こんにちは、三原です。

こちらはラジオの台本です。本編はこちらをお聞きください。

さて、今日は質問に答えます。

Twitterでもらった質問です。質問はシンプルで

バスケのコーチになるにはどうしたらいいですか?

というものでした。しかも高校生です。

このくらいの質問は

検索してごらんなさい

という一言で、自分で考えてもらうのもいいんですが、せっかく高校生が勇気を出して質問してくれたので、誠意を持って答えたいと思います。

①教員になる

これが一番一般的ですね。

大学に行って教員免許を取る。

そして学校の先生になってバスケ部の顧問になる。

ただし、これは部活が本業じゃないってことは知っておきましょう。

特に初年度はバスケ部の顧問になれない可能性もあります。

どの科目の先生でもバスケ部の顧問になれますが、本気でバスケを教えたいなら、断然、体育科をおすすめします。

自分の専門が、そのままバスケ指導につながるからです。

②自分の母校の先生にお願いする

自分が出身のミニバス、中学校、高校とかのコーチをやらせてもらうのが、すぐにできるアクションですね。

「お手伝いさせてください」

「将来コーチになりたいんです。勉強させてください」

と言えば、きっと喜んでくれるでしょう。

金銭的なことは期待せず、100%ボランティア、というか自分の勉強のつもりでやってください。

1つ大事なのは

審判もやる

ということです。

審判できる人がスタッフにいることはすごく助かりますし、何より審判の勉強がコーチングに行きます。

審判のライセンスも一番はじめの「E級」ならすぐに取れると思います。ぜひライセンスを取りましょう。

JBAの審判ライセンスはこちら

③求人をチェック

最近は部活だけじゃなく、いろんなクラブチームが増えています。

そこがスタッフを募集していることがあります。

いわゆる求人サイトではなく、SNSです。

クラブチームのフェイスブックやツイッターをフォローしましょう。

そこから「コーチしてくれる人、募集します」みたいな投稿がけっこうあったりします。

また求人がなくても

見学に行かせてください

とお願いするのは、いいですね。

おそらく大体はOKもらえると思うし、すごくいい勉強になります。

④資格は取ろう

いずれにしても必要なのは、コーチライセンスです。

これは必ず取りましょう。

E級であれば、15歳から取れたはずです。

上位の大会は、DやC級以上でないと指揮が取れない、となっています。必ず資格は取りましょう。

JBAコーチライセンスはこちら

⑤学生のうちはできる限り自分でプレイしよう

ということで、いろんな道がありますが、とはいえ、学生のうちはプレイしましょう。

現役は今しかできない

コーチは引退してからいくらでもできる

現役の経験は、コーチの基礎になる

と思います。

わたしが持ってなくて悔しいものがあるとすれば、それは現役選手としてのキャリアです。

それはもう2度と手に入らないものなので、高校生のうちは現役でプレイをがんばることをおすすめします。


ということで、今日は質問回答でした。

参考にしてもらえれば幸いです。

ありがとうございました。三原学でした。

それでは、また!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!