ラジオ

NBAで優勝できない選手はどこが違うのか?(バスケの大学ラジオ2021年9月25日)

こんにちは、三原です。

これはラジオの台本です。

本編はこちらからどうぞ!

さて、NBAには優勝してる選手とそうでない選手がわかれます。

  • ロバートオーリーは7つ
  • ジョンサリーは3チームで
  • スティーブカーは選手と監督で

こんなに優勝してる選手がいます。

一方で、優勝してない選手はたくさんいます。

一言で言うと、その違いは

これしかないと思ってます。

優勝できない選手も、努力してるはず。

 

よくあるのは、こういった選手の

自分をトレードに出してくれ

でも、こういった選手が、トレード先で大活躍をしたり、優勝したりするのを見た記憶があんまりありません。

トレードに出してくれってことは、

  • 自分はすごい
  • チームはすごくない
  • だから自分にふさわしいチームがいい

という願望ですよね。

 

逆に、そのチームでベストを尽くしたり、そのチームを変えようと最善を尽くす選手は、好感が持てるものです。

今の自分にできることを最大限やる

っていう選手がやっぱりわたしは好きですね。

で、おそらく何回も優勝している選手は、このあたりをよく知ってるのかもしれないです。

自分には大したことができない

だからできることをやる

みたいなマインドが強くて、そのチームに必要な存在になってくる。

 

運は結局、人が運ぶもの

だとわたしは思っているので、前向きな心を持ってる人のところには人が集まり、自分の運も上がる。

何度も優勝してる人が明るい人が多いのは、単なる偶然じゃないのかな。と思います。

チームの悪口、他人の悪口は、子供たちがよく言うことですが、それは絶対によくないことですね。

今日はなんとなく雑談回みたいになりましたが、まとめます。

  1. 勝てるかどうかは「運」
  2. 運は人が運んでくれる
  3. 明るい心の持ち用がカギ
  4. 「自分にできることをやろう」というメンタルは、チームにとって欠かせない存在になる
  5. 「トレードに出してくれ」はその真逆

 

と言うお話です。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

無料メルマガ講座
を見てみる