ラジオ

一番いいオフェンス戦術はフリー?それともパターン?(バスケの大学ラジオ2021年9月12日)

こんにちは、三原です。

今日のラジオはこちら!

今日はオフェンス戦術の話です。

よくある議論ですが

一番良い戦術は、フリーオフェンスか?

それとも、パターンオフェンスか?

です。

この話に、わたしなりに決着をつけます。

わたしの考えは

その中間のモーションオフェンス

ということです。

フリーオフェンスはめちゃくちゃ難しい

フリーがいい。という人の主張はこうです。

ルールを決めると、個人技能が生きなくなる。

オフェンスは自由に、伸び伸びとやらせるのが一番だ!

たしかに。

一見すると正論です。

ただ、まったくのフリーってのは、すごく難しいです。

例えていうなら交通整理。

  • 信号もない
  • 横断歩道もない
  • 道路に線も引いてない
  • 自由に走ってください

そうなったら、そこらじゅうで交通事故です。

怖くて誰も外を歩けません。

なので、すべてが思いつきで、メチャクチャになります。

※下のツイートは、イメージですww

今では、まったくのフリーオフェンスで試合をするチームはほとんどないと言っていいでしょう。

パターンオフェンスは本当にかんたんか?

じゃあ、パターンを決めましょうとなります。

フリーはダメだ。約束がないと。

「こうしたら、こうしよう」というのを決めておけば、選手は試合中に迷わなくて済む。

ディフェンスを見て、状況判断することができる。

パターンオフェンスが良いんだ!

こういう主張はもっともですね。

たしかに、フレックスとかのパターンオフェンスは今でも多くのチームがプレイしてます。

でも、パターンオフェンスには落とし穴があります。

それは「最初の立ち位置が予定通りじゃないと、うまくいかない」ということです。

プロのチームはかんたんにパターンオフェンスをやっていますが、実はあれ、かなり難しいんです。

試合中は味方も相手もごちゃ混ぜになります。そんな中で、予定通りのポジションに5人がつくってことは、けっこう難しい。

高校生以下であれば、わたしはパターンオフェンスをオススメしません。

ちなみに、エンドやサイドのスローインならいいと思います。

スローインは立ち位置が占めやすいので、パターンに向いてます。

スローインのすべてについては、こちらの本をどうぞ。

一番いいのは中間のモーションオフェンス

では、一番いいのは何か?

それはフリーとパターンの中間であるモーションオフェンスです。

2対2や3対3のパターンを

2〜3つ練習する

そして5対5のパターンは決めない

これがモーションオフェンスです。

これなら、まったくフリーということもないし、かといって形にとらわれすぎない。一番いい戦術です。

加えて、ディフェンスの逆をつく状況判断もしやすく、1対1のスキルも向上しやすい。ミニや中学ならなおさら、高校生でも、モーションオフェンスが良いでしょう。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1373555878670999553?s=20

例えばですが、

ピック&ロールの2対2

UCLAカットの3対3

ハイポストフラッシュ、バックドアの3対3

このくらいを練習しておいて、ゲームでどの組み合わせをいつやるのかは、フリーということです。

あんまり決めすぎると、かえって難しくなりますからね。

わたしのチームでも、モーションオフェンスにしています。

ということで、あなたのチームでもぜひモーションオフェンスに取り組んではいかがでしょうか?というお話です。

「バスケの大学・研究室」では、現在進行形のチームづくりについて、日本全国の指導者と学ぶ場です。

わたしがほぼ毎日、2,000字くらいの記事を投稿しています。もし興味のある方はのぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

ありがとうございました。三原学でした。

それでは、また!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!