ラジオ

【Amazon新刊】NBAで学ぶディフェンス戦術(バスケの大学ラジオ2021年9月10日)

こんにちは、三原です。

今日のラジオはこちら!

今日のお話は、わたしが書いた書籍の紹介です。

昨日、「NBAで学ぶバスケ戦術入門」の第2巻「ディフェンス編」が発売になりました!

これは以前に出した、第1巻「ゲームの基礎とトランジション」の続編になります。

前回のものは、非常に好評で、Amazonの評価も47件いただきました。ありがたい!

これは全3巻でつくったものでして、

  1. ゲームの基礎とトランジション
  2. ディフェンス
  3. オフェンス

の3作です。

戦術「入門」となっていますが、これを読めば戦術のかなり深いところまで解説されている内容になっています。

ディフェンスがオフェンスをうまくする

さて今回は「ディフェンス編」です。

目次はこちら

【目次】

  1. はじめに 〜NBAは最高のお手本〜
  2. ハーフコートディフェンス
  3. ディフェンスの反応
  4. アイソレーションの守り方
  5. ポストディフェンス
  6. ピックアンドロールのディフェンス
  7. ボールスクリーンディフェンス オンボール
  8. スクリーナーのディフェンス
  9. ハンドオフのディフェンス
  10. オフボールスクリーンのディフェンス
  11. おわりに〜主導権はディフェンスからしか握れない〜

言葉もわかりやすく、そしてたくさんの図を使っているのが「バスケの大学」の特徴です。

今回もNBAの最新戦術が、すごくわかりやすく学べる内容になっています。

特にわたしが力を入れて書いたのが「ボールスクリーンに対するディフェンス」です。

最近はピックアンドロールが主流ですが、このボールスクリーンのディフェンス方法って、本当にたくさんあるんですね。

で、このピックをうまくいくためには、スクリーンプレイそのものももちろんですが、オフボールの動きやスペーシングがすごく大事なんです。

その止め方を知るということは、オフェンスの大事なところの理解にもつながる。

そういう意味で、ディフェンスを知ることは、オフェンスも上達する相乗効果があります。

さらに、試合中はオフェンスがディフェンスを見て、状況判断することが大事です。

  • 良いオフェンスは、ディフェンスをうまくする
  • 良いディフェンスは、オフェンスをうまくする

とわたしは考えています。

この点から、すべてのプレイヤー、チームはディフェンスを学ぶべきなのです。

がんばり=知識の量

ディフェンスはややもすると、

  • 努力
  • 気合
  • 根性

で片付けられがちです。

でも、「何していいかわからない」ということには、人間はがんばれません。

何をすべきかがわかってて、そのメリットも理解している。

だからこそ細かいこともがんばれるんです。

下のツイートのような、一流のディフェンスプレイを見てください。

たしかに、動きの量は「努力、気合、根性」のように見えるかもしれない。

でも、がんばりの源になっているのは「知識」です。

ディフェンス理論を知ってるから、がんばれるんです。

がんばったらどんな良いことがあるか、メリットを知ってるからがんばれるんです。

指導者がディフェンス戦術の細かいところを学び、それを教えることは、選手をがんばらせることに直結します。特にディフェンスは。

NBAの戦術ほど高度なものは必要ないよ

と思った方は、もったいないです。

ディフェンスは、オフェンス以上に、高度なことを教えやすいからです。

「ダンクしろ」と言っても無理なように、高度なことが役に立たないことも確かにあります。

でもディフェンスは違います。

ルーズボールやフットワーク、声がけなど「真似できるすごいこと」が多いんです。

ミニや中学生でも「NBAではこういう考え方で守るんだよ」と教えてあげてください。

そこに興味を持ち、理解できれば、選手はがんばるはずです。

ぜひこの本でNBAのディフェンス戦術を学んでください。

↓↓画像をクリック

Amazonアンリミテッドならずっと無料

わたしは今までAmazon電子書籍を十数冊出してきました。

そしてそのすべてを無料にしています。

もちろん、普通に1冊を購入することもできますが、Amazon「アンリミテッド会員」ならいつでも無料で読めるようにしています。

アンリミテッドは月額980円で、200万冊以上の本が読み放題というサービス。わたしももちろん入っています。

これを機会にアンリミテッドに入るのも良いですね。

初回30日間は無料なので、その間に解約すればお金がかかりません。

ということで、新刊のお知らせでした。

とてもおすすめなので、「NBAから学ぶディフェンス戦術」よろしくお願いします!

ありがとうございました。

「バスケの大学・研究室」では最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。画像や動画もいっぱいです。

もしよかったらのぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

ありがとうございました。三原学でした。

それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!