ラジオ

とても使える「声の出し方」3選(バスケの大学ラジオ2021年8月27日)

こんにちは、三原です。

とても使える「声の出し方」3選です。

わたしは「声は技術の3割」という教え方をしています。

声は目に見えませんが、出すだけですごく効果がある技術です。

NBA選手もこんなに声を出しています。

今日のラジオで取り上げたのは、以下の3つ

  1. ボールとったよ!
  2. シュートしていいよ!
  3. ヘルプいいよ!

①ボールとったよ!

ディフェンスからオフェンスに切り替わったとき、「ボールをとったよ!」と声をかけましょう。

そうすると速攻の走り出しが早くなります。

スティールとか、たまに味方が気づかないときがあります。なので声を出すといいです。

②シュートしていいよ!

「パスにメッセージを込めろ」とはよく言いますが、本当にメッセージを声に出しましょう。

アシストパスをしながら「シュートしていいよ!」と言ってあげるのです。すると

  • シュートに迷いがなくなる
  • シュートの確率が上がる
  • 味方もリバウンドも行きやすい

と良いことしかありません。

③ヘルプいいよ!

ディフェンスでボールが反対サイドにあるときは、ヘルプポジションを取りますよね。

このときに、大きな声で「ヘルプいいよ!」と叫びましょう。

この声だけで、オフェンスはビビって、攻めてこなくなります。

後半とかでバテてディフェンスできないってときは、この「ヘルプいいよ!」だけで本当に攻めてこなくなり、休むこともできます(←裏技)

声はディフェンスそのものです。

 

今日もありがとうございました。

三原学でした。それでは、また!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!