『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールの練習記録 2019/6/26 第11回

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

バスケットボールの練習記録 2019/6/26 第11回

16:30-19:00

  1. プランク(30秒、10秒セット)
  2. サイドライン(ストレッチ、2・3・4歩ダッシュ)
  3. 3人組ボールキープ(15秒セット)
  4. シェービング(4種類のステップ後、3分間ディフェンスあり)
  5. ポストアップ2対2(5分セット)
  6. パッシングダウン2対2(1回ずつ)
  7. ディフェンス かべ・ミラー(30秒、10秒セット)
  8. ステップスライド(ポイント、スイング、スイングリード、ディナイ、ピストル)
  9. クローズアウト(2か所、1周)
  10. ボックスアウト(2か所、1周)
  11. 3対3P-V-T パス回し~ボックスアウト(2か所、1周)
  12. 3対3P-V-T ロ―ポストのディフェンス(2か所、1周)
  13. 2メンロングパス
  14. 5メンクリスクロス 1・2・3・4・5・4・3・2・1
  15. 3対2~2対1
  16. サーキット(20秒・20秒)
「常に攻撃的であれ」バスケットボールにおける私のモットー。
「即断・即決・即行動」日常生活における私のモットー。
良いと思ったことは、すぐにやる。
良いと思ったことは、早く始める。
良いと思ったことは、長く続ける。
バスケットボールでは常に攻める気持ちで仕掛ける。
日常生活では自分から積極的に行動する。
他人は絶対に変えられない。
変えられるのは「自分の行動」だけ。
自分が変われば、それに影響を受けて、他人も少しだけ変わるかもしれない。
周囲に不満を持つのではなく、すべて自分のせいにしなさい。
練習では自分が一番下手だと思ってプレイしなさい。
試合では自分が一番うまいと思ってプレイしなさい。
言ったらやる、やらないなら言わない。
これがすごく大事。
たとえば5メンクリスクロス。
「ボールを床に落とさない」
「サイドラインを踏む」
この条件で練習しようと決めたならば、それを徹底してやること。
やろうとしてできないのは悪くないが、やろうとしないのは重罪だ。

そして良いことには時間がかかる。

成果を出すには、時間を味方につけること、これしかない。

1日1%の改善を積み重ねて、複利の成長をするしかない。

複利の成長をするには、良いことを1日でも早く始めること。

良いことを1日でも長く続けること。

そのための即断・即決・即行動が大事だ。

失敗した、悪いことをしたら、次に良いことをしよう。

みんなには「行動力のある人」になってほしい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.