バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールの練習記録 2019/4/21

2019/04/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

バスケットボールの練習記録 210回 2019/4/21

いよいよ関東大会予選。2回戦。

103-63で勝ち。

【良かった点】

  • ディフェンスを全員でやろうという意志が表現できた。
  • 無駄なファウルが少なかった。
  • 切り替えの早い、パスアンドランで速攻が多く出た。

【課題点】

  • ダブルチームやカバーの後、カバーダウンが遅くなり、ノーマークを作られてしまった。
  • ミドルドライブを時々されていた。
  • ボールを一人が長く持ちすぎる時がたまにあった。
  • ベンチメンバーの時間帯にパスミスが増えた。

全体的には良かったが、上記のような課題点も残った。

速攻のランニングプレイは、1人目が切れ込んでもだいたいパスは入らない。そこに2人目が切れ込むとランニングシュートに持っていけることが多い。今日はその2人目のプレイがよくできた。これは練習通りなのでよかった。

ポストにもよくボールが入っていた。バスケットボールはいかにポストにボールを入れるかどうかがカギとなる。

パスがうまいかどうかは、結局のところ「ポストに入れるパスがうまいかどうか」にかかっている。

上位に行けないチームは、ポストに入れるのがうまくない。または入れられるのに外からシュートしてしまうチームである。

ゴール下で確率の高いシュートをする、ということを突き詰めてやるべきだ、とあらためて思った。

今日は比較的それができたので、インサイドで簡単なゴール下のシュートや、ファウルをたくさんもらえた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.