コーチング

バスケの練習法 1対1のバリエーション

こんにちは、三原です。

今回は「バスケの練習法 1対1のバリエーション」というお話です。

この記事を読んでいるあなたは

  • バスケがうまくなりたい
  • バスケの効果的な練習方法を知りたい

そうお考えですよね?

その悩みのヒントを紹介します。

結論としては

  1. 個人能力を高めたければ、1対1をやりましょう
  2. 目的によって練習をアレンジしましょう

というお話です。

この記事を書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

動画講義はこちら!

バスケの練習法 1対1のバリエーション

1対1の練習は

  • シュート
  • ドリブル
  • ダッシュ
  • ストップ
  • ディフェンス

というすべての個人技能が含まれています。

パスを除く、ゲームのすべて」を言い換えてもいいです。

アメリカの大学では、選手のセレクションのときに「1対1をさせる」というチームもあると聞きます。

1対1を見れば、その選手がどのようなプレイができるのか、すべてわかるからです。

ということは、それを練習すれば、すべてがうまくなるというわけです。

しかし、ひとくちに1対1と言っても、いろいろなバリエーションがあります。

わたし自身の指導歴の中で、実際に効果のあった練習法をお伝えしますね。

オールコートの1対1

コートをタテ半分に割って、オールコートを使っての練習です。

どのチームもやったことがあるような練習ですが、ちょっと設定を変えるのです。

 

①ピボットからはじめて、ドリブルチェンジを禁止する。

まず、ディフェンスが腕1本の距離でマッチアップします。

オフェンスはいきなりドリブルせず、ピボットを踏んでフェイクをくり返します

そして、ディフェンスがフェイクに引っかかったら、はじめてドリブルを突き出します。

フェイクにはいくら時間をかけてもかまいません。

そして一度ドリブルを突き始めたら、ドリブルチェンジは禁止です。

右なら右のドリブルだけで、ガッと抜き切ります。

こうすることで

  • ドリブルでディフェンスを抜く力
  • 体のぶつかり合いに強くなる

そんな能力が身につきます。

わたしが一番オススメする1対1の方法です。

実際の試合でシュートに行く場面は、ぶつかり合いが生じます。

それでもシュートを決めきる力は、この1対1をすると身につきます。

②ドリブルから始める

①とは正反対に、最初からドリブルをついて始めます。

たぶん、ほとんどのチームがこの方法で1対1をやってるでしょう。

この練習だと、オフェンスよりディフェンス能力が高まります。

ディフェンスのフットワークという意味では、ドリブルから始める1対1をやるべきでしょう。

最初のうちはスピードをコントロールして

  • ゆっくり
  • 70%スピード
  • トップスピード

という3段階でやるといいでしょう。

③走りながらディフェンスに入る

図のようにディフェンス#1がボール持ってスタートです。

#1は#2にパスをして、#2はミートした勢いでドリブルを始めます。

勢いに乗るドリブルを、動きながら止める練習です。

この1対1だと、速攻での攻防の練習になります。

最初から「さあ、いくぞ」と構えて1対1をするのではなく、

動きの中ではじめることで、試合に近い形にするのです。

ハーフコートの1対1

①5mの1対1

フリースローラインでボールを持ちます。

いきなりドリブルはせず、フェイクです。

  • シュート構える
  • 左右にドリブルのフェイクする

これをして、ディフェンスが引っかかったら、抜きます。

  • シュートを構えて
  • 出てきたら、抜く
  • 下がったら、打つ

という感覚を身につけるのに最適な練習です。

②手渡しパスから1対1

①の発展です。

①がある程度できるようになったら、Aがボールを持って、#1に「ポン」っと渡してあげてスタートします。

#1はボールを空中でもって、もらった瞬間にフェイクするのです。

一瞬の間合いで勝負する1対1です。

ドリブルは1つか、せいぜい2つです。

  • 本当の試合では、こういう1対1が多くなるよ
  • 長い時間ボールを持ってはいられないよ

という説明をしてあげると、子どもたちは納得してこの1対1を練習します。

③ロングクローズアウト

これは最もキツい1対1です。

コーナーとセンターラインに向かい合います。

コーナーのAはパスをして、そのボールを追い抜かす勢いでダッシュします。

ボールまでの間合いを最大限につめるわけです。

一方#1は思いっ切りボールミートして、その勢いでドリブルを突き出します。

ディフェンスの方が圧倒的に不利です。

まず「スコン」と抜かれます。

でもこの練習を続けるうちに、脚力がついてきて、ディフェンスが勝てるようになってきます。

そう、この練習の目的は「脚力の強化」です。

きついですが、ただ走らせるより、子どもたちは楽しんでやりますよ。

まとめ「練習は目的に応じて作りましょう」

以上がわたしの考えた1対1のバリエーションです。

簡単におさらいすると

  • オールコート ピボットから → 抜く力をつける
  • オールコート ドリブルから → ディフェンス練習
  • オールコート 動きながら → 速攻の攻防
  • ハーフコート 5m → かけひきの練習
  • ハーフコート 手渡しパス → 実際の試合の瞬間を体験
  • ハーフコート ロングクローズアウト → 脚力の強化

いかがですか?

1対1とひとくちにいっても、これだけあるのです。

もちろん、そのままこの練習をあなたが行っても効果があります。

それと同時に、練習を自分(チーム)の目的に合わせて、作っていくと、効果も上がるし、楽しいですよ。

ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる