『常に攻撃的であれ』 バスケットボールコーチ・三原学のブログ

バスケットボールの練習記録 2019/7/18 第20回

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

バスケットボールの練習記録 2019/7/18 第20回

9:00-11:30

ウォーミングアップ

  1. プランク(30秒・10秒)
  2. ダイナミックストレッチ、4歩ダッシュ

ボールキープドリル

  1. 3人組(15秒)
  2. シェービングドリル
  3. ポストアップ2対2
  4. パッシングダウン2対2

ディフェンス

  1. ディフェンスサーキット(スイング、スイングリード、ディナイ、ピストル)
  2. ジグザグ(スティック、チャレンジショット、クロス)
  3. クローズアウト
  4. 30秒ハッスルディフェンス(ドリブル、ディナイ)
  5. オールコート1対1 *まっすぐ抜け!
  6. 3対3 ドライブのヘルプ
  7. 3対3 ボールサイドカットまたはダウンスクリーン
  8. 3対3 ローポストアップ

トランジション

  1. 2メンロングパス
  2. 3メン 2往復×3
  3. 5メンクリス 5・4・3・2・1往復半
  4. 3対2、2対1(5分)
  5. ファストブレイク
  6. セカンダリーブレイク
  7. プレスブレイク
  8. ドリブルなし5対5(ショットクロック10秒) 15分
  9. ドリブルあり5対5 15分

シュート

  1. サーキット

 

キャッチボイスがなければ、絶対にパスを出さない。

それを徹底しないと、声が出るようにならない。

今のうちに良い習慣をつけておかないと、5対5になったときにできないことばかりになる。

「小事のうちに」ということが重要だ。

 

集中力を保つために、お互いにもっと声をかけること。

プレイしている人はもちろんだが、並んでいる人の意識が練習の雰囲気を決める。

疲れたからと言って自分の番が終わったら休憩、ではいけない。チームは練習が続いている。

声をお互いにかけて、盛り上げることが大事。

 

(感想)オールコートのディフェンスが全くできないので、ドリル化してやらせる必要がある。

ハーフコートの練習だけではうまく見えることがよくある。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。バスケットボールにおけるモットーは「常に攻撃的であれ」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.